Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

本エントリは、2009年1月2日放送された
「STILL20 YOUR RADIO 802」
KAN&桜井和寿ダブルDJを要約した、
スクリプト企画第5回目、最終回です。

関連記事
『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井ダブルDJスクリプト(その5・最終回)(09/02/05)
『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井ダブルDJスクリプト(その4)(09/02/04)
『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井ダブルDJスクリプト(その3)(09/01/26)
『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井ダブルDJスクリプト(その2)(09/01/21)
『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井ダブルDJスクリプト(その1)(09/01/17)
1/2「STILL20 YOUR RADIO 802」は記録すべき伝説WDJ(09/01/05)
09/01/02【FM】FM802(大阪)『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井和寿ダブルDJ(08/12/27)

いよいよ1ヶ月以上かかってちまちま
進めていたこの企画も、最終回を迎えます。
相変わらずのまったりとぐったりとした
お二人のトークをお楽しみください。

【凡例】
<K>KAN
<桜>桜井和寿

近況

<K>ここで、ファンのみなさんも気になっていることでしょう、最近のMr.Childrenの様子、どうでしょう?
<桜>あ、そう、今年に入りまして早速リハーサルをそろそろ始めまして、ツアーに挑みます
<K>ツアーは2月からでしたっけ?
<桜>2月の14日、バレンタインデーから
<K>じゃあ、もう、すぐだ
<桜>はい、で、4月25、26日が、大阪城ホール。そして5月30日、31日が神戸ワールド記念ホールでございます。是非ともいらしていただきたい。
<K>ね、もう、そうですか。ツアー楽しみですね
<桜>楽しみですね
<K>でも、Mr.Children、こう、基本的に硬派なロックじゃないですか、コンサート、ね。こう、コンサートに行くとより、なんかこう、すごい硬派なんだなぁっていう感じがね
<桜>あ、そうですか?
<K>するよ。CD聴いてるとほら、いろんな面があるじゃないですか、でもね、ライブみるとね、硬派なんだよなぁ、っていう、硬派なロックな感じがしますよ
<桜>あ、そうですか
<K>僕は、見てね、いくつも、「あ、ここでこうなったら・・・(笑)オレだったらこうすんのに!」っていういろんなコントをいっぱい思いつくんですね、Mr.Childrenみてると(笑)、それで、どうにか自分のコンサートに落とし込む(笑)
<桜>(笑)・・・じゃあ、まあ、相変わらず、硬派にMr.Childrenを続けていきたいと思いますけれども
<K>硬派でカッコいいMr.Childrenを楽しみにしてますんで

♪終末のコンフィデンスソング/Mr.Children

<桜>今度はKANさんの近況を。今はあれですか、アルバムづくりとかはどうなってるんですか?
<K>僕はね、やろうという気持ちが少し芽生えてきました(笑)
<桜>そっから徐々に、スケジュール調整をしていくわけですか?
<K>そうです、まあ、すぐツアーがね、2月の終わりからバンドのツアーがあるんです。今ね、あれですよ、ちょっと今オーケストラを書いてるんですよ
<桜>えぇ、譜面を?全部
<K>そう、初挑戦!
<桜>え、ということはライブも?
<K>ううん、ライブはバンドですよ、5人の。それとは別に、テレビのやつでちょっとそういうオーケストラ番組があって。で、出ることになって。もう、そんな機会滅多にないから、「じゃあ、自分で書きたい」って言って、初めて。1月半ばまではそれしかやってないですね、きっと
<桜>そのアレンジで、そんだけ時間が割かれるということですか、ブラスも居る?フルオーケストラ?
<K>フルオーケストラ。だから、これをちょっとね、やって、その後に、バンドのリハやって、2月の終わりからツアーです
<桜>大阪の方は?
<K>大阪は2月28日、3月1日の土曜日曜Zepp Osakaですね。で、3月15日日曜日が新神戸オリエンタル劇場、そして3月25日は大阪Zepp Osakaで追加公演出ました
<桜>で、気になっちゃったんですけど、ツアータイトルは、聞いておかなくていいですか?
<K>きいても大したものは返ってこないですけど(笑)あの、BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』っていうタイトルの(笑)ツアーなんですけど、たまたまこのツアータイトル決めるときに、札幌のお寿司やさんで3人で呑んでて、たまたまほかのお客さんもいなかったので、ご主人も巻き込んで、「首都あてジェスチャーゲーム」をやったんですね(笑)そんときにツアータイトル付けちゃっただけなんです、・・・ですよ
<桜>(笑)わかりました
<K>今度、是非、1回首都あてジェスチャー、面白いですよ
<桜>はい
<K>おもしろくて、ためになる
<桜>わかりました(笑)

♪Cover Girl/KAN

そして、エンディングへ・・・

エンディング

<K>いかがでしたでしょうか?
<桜>ねぇ、いかがでしたか?KANさん
<K>いかがでしたでしょうかね?でも僕はね、楽しかった・・・このサッカーゲームね、勝つと気持ちいい、負けるとすっごいこう、すっごいわかるんですよ、「あぁぁ」っていうのが残っていく感じ、ね
<桜>はい
<K>ね、こういうゲームであっても、ね
<桜>一回も勝ってないですからね、練習のときから一回も勝ってない(笑)
<K>そうですよね(笑)そういう意味ではどうしますかこれ?
<桜>すっごい悔しいです、まあまああの、上半期の初っぱなだったんで、下半期・・・
<K>ああ、下半期、カラオケサドンデス?!ねえ、ねえ、だめなんですか?やりましょうよ、ね

<K>さて、ここにね、MUSIC GUMBOやってたじゃないですか、ね、94年から95年の18ヶ月間一緒にやってる時期の、このディレクターの山田さんていう女性がね、全部、毎回の日記をつけてたのが残ってる!
<桜>ねえこれすばらしいですね!
<K>すごい・・・僕ちょっと一個・・・ん〜どれにしようかな?桜井くんこれ、とても印象に残ってるやつ
<桜>僕印象に残ってるのは基本的にKANさんがずっとボヤキキャラだったということですかね
<K>イッフッフッフッフッフ(笑)たとえば?
<桜>4月3日、曲を作る気分じゃないということでPOP THE MUSICはおやすみ、とか
<K>あら、そんなことがあったんですねぇ
<桜>あとね、「ポップザ」は桜井さんが中途半端なところで終わっていると文句を言っていたKANさんでした、とか
<K>(笑)
<桜>寝違えて首が痛い、とか、そんなことばっかりですね
<K>ボヤいてたんですね、感じ悪いですねぇ〜
<桜>(笑)
<K>なんかオレのイメージアップするフレーズ、ないのかな?どっかあったんだけどなぁ、これどうですか?6月12日、ね、「わりと今日は頭からギャグ(小さいもの)を連発していました」(笑)「調子はまあまあという感じでしょうか」(笑)
<桜>厳しいんですね、山田さん(笑)
<K>厳しいんですよね、「わりと頭から小さいのを連発する」、それも「まあまあ」だった、エッヘッヘッヘ(笑)イメージアップにもなんにもならないじゃないですかこれ、ね・・・というでもこれ、でも貴重ですよね
<桜>うん、すごい、これうれしいですもう
<K>ありがとうございました
<桜>ありがとうございました
<K>さて、今後の802に期待することはなんですか?
<桜>とにかくそのずっと802にレギュラーとして来てたときは、とにかくテンションの高い番組だという印象がありましたけどね、はい、でも徐々に徐々にちょっとずつ、その、アッパーな人が少なくなってる気がするんですが、そんなことありませんか?・・・ねえ、もっとハイテンションだった気が、印象としてはあるんですけどね、うん、ちょっと大人しくなってる気はします
<K>あ、スタッフも?
<桜>その、ファンキーのイメージそのままだったですよね、・・・だった。
<K>はぁはぁはぁはぁ、それをもっともっともっと、ファンキーに行こうと。そういう、なるほどね。でも確かにそういわれるとそういう気が少ししました。でもね、やっぱりこう音楽的信頼性の高いステーションであり続けることがやっぱり、一番、僕は願うところではありますしね、で、すごく、大阪に居るとね、「GUMBO聴いてました」って言われることがすごくあって、で、なんか、それこそもう、他の局でもさ、GUMBO聴いてて全部カセットでもってて、それでラジオの仕事やりたくて、やってます、みたいな人何人もいて。すごいだからね、そういうようなこともすごい嬉しいです。そこを音楽的信頼感がやっぱり軸になるんじゃないかと思いますけどね。その信頼感がね、こうさらに保ち続けて、さらにアレしてほしいです。よろしくお願いします(笑)
<桜>よろしくお願いします(笑)

(略)

<桜>では、また、下半期
<K>下半身?
<桜>下半期です!下半期、会えることを楽しみに・・・
<K>もう、是非ね、はい、やりましょう!
<桜>もう練習してきますよホントに・・・はい(笑)
<K>ね、ね(笑)

<桜>ええ、今夜のお相手はMr.Children桜井和寿と
<K>はい、私KANでした。Mr.Children新しいアルバム「SUPERMARKET FANTASY」にも入っております、シングルでもあります、「GIFT」を聞きながらお別れです。というわけで、ありがとうございました!
<桜>ありがとうございました〜

♪GIFT/Mr.Children

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

はい、ようやく全部スクリプトし終わりました。
2ヶ月かかってもいい、それくらい、
スクリプトしておきたかった面白いラジオ番組でした。

番組中にもたびたび出てきましたが、
僕が学生の頃はこの「MUSIC GUMBO SUNDAY」がBGMでした。
宿題したり、テスト勉強をしたり、夜更かししたり、
苦しいときも、楽しいときも、
日曜日の憂鬱に苛まれたときも、
この番組があったからがんばってやれたのだと思います。

そんなMUSIC GUMBO SUNDAYのダブルDJ企画を彷彿とさせる
番組が復活してくれたことに、心から感謝しています。
下半身(笑)も楽しみにしています。

そして、5回にも分けて書いたにも関わらず
長らくおつきあいいただいたみなさま、
ありがとうございました。

また、このような機会がありましたら、
懲りずにどうぞよろしくお願いします。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.