Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

もちろんKANさんのことですけれども。

2月3日、岡谷市で収録されたNHK BS『あなたの街で夢コンサート』
本日BS2での放送日でした♪
(BS-hiでは23日放送予定)

関連記事
[夢コン]オーボエ好きなバイオリニストの夫(09/02/21)
[夢コン]クイズ!「々」を出したくて(09/02/06)
[夢コン]感想ブックマークと逆恵方巻(09/02/03)
[夢コン]キリギリスは啼かない(09/01/17)
09/02/21,23【BS】NHK BS『あなたの街で夢コンサート』ゲスト出演(09/01/04)

ちなみに、先に紹介しておきますと、
2月3日当日の収録の一部始終とトークの内容などは、
kyonちゃんとことか、
ぱおままさんとことかを
参照していただけると、十分素晴らしいコンサートレポが書かれていますので、
結局のところ、このエントリーは読まなくても良いのかもしれません(笑)。
少なくとも、トーク部分はほとんど書かないと思います。

それでもお付き合いいただけるかた、よろしくお願いしますm(__)m

まずは、1997年のDecimoツアーでも着用したタキシードを
着たKANさん関連の部分から。

愛は勝つ(オーケストラアレンジ)

この話が来る前からずっと構想は練り続けていて、
是非やってみたかったというKANさんのたっての希望で、
オーケストラアレンジをKANさんが担当されました。
作成に9日間掛かったそうです。
(詳細はKANさんの金曜コラムNo.192「ルックスだけで引っぱって」やNo.195「いとおかやし」参照)

イントロは、「Carry on, Carry Out〜」の部分を、
オーボエをメインにしてやさしめに開始。
アルバム「遥かなるまわり道の向こうで」に収録されている
「キリギリス」を聴いたときも思いましたが、KANさんは、
バイオリニストの夫でありながら(ありながらってことはないですが)、
相当オーボエ好きなんでしょうね。
もしもトランペットで「パーンパカパーンパン」ってやってたら、
ちょっと残念感があったはずですが、そうではなく、
オーボエを使って緩やかに、でも何かを予感させる序盤を聴いて、
ある意味「ホッ」としました。

そして、KANさんがイントロをちょっとだけピアノで豪華めに弾いて、
本編スタート。
1コーラス目は、比較的静かに進んでいきます。
静かに進みながらも、
あちこちに象徴的なオカズが入っていて、
聴いていて楽しかったです。
KANさんが今回の楽譜を書く際の手順として、
「ここにこういうフレーズがきたらいいな」っていうのを
どんどん埋めていく、という方法を採用したことから、
こういうアレンジになったんだろうな〜と、
随所で感じるところがありました。

サビではパッヘルベルのカノンがカウンターメロディーで
入ってきたりして、徐々に盛り上がり始めてきます。
この90年代のポップスっていうのは、
1度のメジャーコードから徐々に下っていく、という
コード進行が多用されていて、この楽曲も多少変形しながらも
基本はこの下っていくコード進行です。
だから、パッヘルベルのカノンはカウンターメロディーとして
非常に溶け込みやすいんです。
代表的な有名どころでいうと、
あれがそうですね、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」。

今回の「愛は勝つ」は、
盛り上がっていく勾配は徐々に角度を増すタイプであり、
最初から盛り上がったまま突き進むスタイルではありません。

だからこそ、本当の最後の最後に大爆発して終わるまで、
ある意味一生懸命爆発せずにガマンして、一つ一つの楽節ごとに
強弱・抑揚をつけながら、進んでいく、という。

これがとても良かったです。

「愛は勝つ」だからといって最初から最後まで
盛り上がりっぱなしで終わるのは、オーケストラアレンジとしても
決して適切じゃないですもんね。

そしてびっくりしたのは、
最後の「心配ないからね」のところに、前奏のシンボルフレーズである、
「ドードレミードレーソー」がカウンターメロディとして入ってたこと。
以前、ラッキーラクーンナイト3(http://sei.lovely.to/blog/004783.html)で
苦言とともに改善案として僕が書いたこと

のとおりになっていたんですもの。

そうか、KANさんがあのブログエントリを読んで、結果、
この改善案が採用されたんだ!
・・・そんなわきゃないわけで、
きっとKANさんがずっと昔から構想していた時点で、
このカウンターメロディーは多分決まっていたことなのでしょう。

そして、エンディング近くでは
「ap bank fes '07」の時のカッコイイブレイク
をなぞられたであろうブレイクっぽい部分もあったり。

あと、第九のフレーズが間奏やエンディングにコラージュされていたり、
最初はあんなに静かな感じだったのに、途中は行進曲っぽい刻み方だったり、
「ドードレミードレーソー」のフレーズが、エンディング近くでさらに
カタチを変えてオーケストラだからこそのメロディーになっていたり、
エンディングは典型的なクラシックのお決まりな
「ジャン、ジャン、ジャ〜〜〜〜ン」っていう終わりかただったり。

いろんなところに遊び心がちりばめられた、最終的に、
KANさんがやりたかったこと、というのがいっぱい詰め込まれた作品で、
表向きの字面では「オーケストラアレンジ」だといのに、
今までのKANさんが長年構想していたもの+最近外部から受けた影響
が見事にミックスされていて、今このタイミングでしか作れない、

逆にある反面、ロックな「愛は勝つ」

だと感じました。
とても聴きがいがありました。ありがとうございます、NHK様。

時期的に思いっきり仕事も抜けられない状況で、どうしようもないながらも
生で聴けたらすごかったんだろうな〜と、思います。

ELEANOR RIGBY(THE BEATLESカバー)

KANさんは高い目のイスに腰掛けて、マイク一つでしっとり歌い、
もう一人のゲスト、バイオリニスト寺井尚子さんとのセッション。
寺井さんについては、この曲だけじゃなくて、番組中の随所で、
体全体で音を表現する、というのはまさにこれなんだ、という
素晴らしい演奏を見せていただきました。

なんと表現したらいいんでしょう?
体を動かすことによって音が変わるのは当然なんでしょうけど、
奏でる音が逆に体を揺らしている、という相乗効果もあるのだな、
と思いました。

例えば何かをアドリブで表現するとき、
ボーカルならフェイクを入れてみたり、
ドラムならドラムソロをバシバシドカドカ叩いてみたりしますが、
どっちかというと、それぞれのフレーズを主体的に揺らすことが多いかと。
でも、寺井さんのいうアドリブは、
メロディを駆け巡らせることで出てくるアドリブと、
体を揺れ動かすことで音に与える影響で出てくるアドリブと、
そのレスポンスでさらにメロディが揺れるアドリブ・・・
そんないろんな種類のアドリブがあるんだなあ、ということを
教えてもらいました。

ちなみに、KANさんは、アドリブは大の苦手なタイプだと
本人も言ってたような記憶があるし、僕もそう思いますが、
それもまた音楽のスタイルであり、KANさんの良いところなんですよね。

しかしなんというか、歌詞の日本語訳が表示されていましたが、
あんなにかなしいさびしい感じの歌詞の曲なんですね。
演奏はすごい良かったんですが、何故あの曲が選曲されたんだろう・・・

世界でいちばん好きな人

イントロは最近弾き語りのときは必ず採り入れている
フレーズが付けられていたそうなのですが、
放送ではその部分だけがカットされていて、
いきなり歌から始まりました(しょうがないですね)。
そして、テレビサイズに縮小されて演奏されていました。

これをもし、時間があってKANさんがアレンジしていたら、
そして、もっと時間があって、「キリギリス」が演奏されていたら、
どんなことになっただろう、とちょっと惜しい気もしていましたが、

丸山先生アレンジの「世界でいちばん好きな人」を聴けたのも、
大変貴重で、素敵で、後半などは、
原曲やその後変形したアレンジにはないコードも入っていて、
しっとりと、紳士と淑女が出てくる映画音楽のようで、
とても心地よい響きでした。

そして、KANさんの歌いまわしはどんどん変わっていってますね(^^)。
てっきり原曲に近い形で大人しく行くのかとばかり思っていたら、
今まででいちばん崩して歌ってたかもしれません(笑)。

番組全体

岡谷市のうなぎをアピールする
「交響的うなぎ音頭」も、第九がドッキングしていて
とっても楽しかったですし、ゆるキャラくんもかわいかったのですが、

いちばん感動したのは、

若干16歳にして、大変な経験を重ねた結果、
おじいちゃんと二人暮らしの少年。

おじいちゃんと良い意味で対等な関係を続けていて、
最後にはおじいちゃんの仕事である弁護士を継ぎたい、
という言葉。

いろいろ衝突するようなこともありながらも、
あくまでも自然に絶対的な信頼感を抱いているのが伺えて、
立派でした。演奏がまた涙を誘うし・・・うん、すごい良かったです。

これからも是非、チェロをいつまでも続けてもらいたいです。

終わりに

そんなわけで、オーボエ好きなバイオリニストの夫、KANさんの
様子を中心に、放送を振りかぶってみました。

最近事あるごとに、「一生に一度、指揮者をやってみたい」とか
おっしゃっています。そして、KANさんの新たな局面が見え隠れしています。
今後、素数である23周年記念に、どんなことをやってくれるのか、
さらに期待してしまう放送でした。

明後日はBS-hiで、ハイビジョン放送。
ライブのときとは違うテレビバージョンで、かなり気合の入った
テレビ映りになっていましたが、
さらに高画質で、明後日も楽しみたいと思います。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.