Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

さて、昨日も書いてくどいようですが、今日はKANさんのBAND LIVE TOUR 2009「じゃぁ、スイスの首都は?」の公演初日、大阪公演です。たしか久しぶりに大阪公演初日ってことで、これは実家に帰ってでも見に行かなければならない、と勝手な義務感に苛まれ、今ひかり373号は東京を出たばっかりです。

ん、そういえば、この文章を書いている携帯デジタルメモ「pomera(ポメラ)」は、上越・長野新幹線はいっぱい体験していますが、東海道新幹線はお初なのではないか、ということに今、気がつきました。高級ノートブック型コンピューターをお持ちのKANさんがこの前、「電池が2時間保たない」みたいなことを書いておられましたが、このポメラくんは、ノートブックコンピューターと同じピッチのキーボードを備えながら、乾電池2つで10時間くらい平気で活躍してくれるスグレ章枝。東京・大阪間の3時間なんて、朝飯前の洗顔にもならないくらいです。

というわけで、KANさんのライブツアー初日当日だというのに、そんなこととは一切関係なく、KANさんの金曜コラムNo.185「新幹線で走り書き〜っ!」をオマージュして、のぞみではなく、ひかりですが、新幹線で走り書きしてみたいと思います。ただし、この「ポメラ」はPCではありませんので、写真編集とか写真投稿とかはタイムリーにもできないし、そもそもデジカメを持ってきていませんので、文章だけでお送りします。

と、KANさんは確か新横浜から乗車したんだと記憶しているのですが、私は東京から乗車しました。そして、序文をジョブーンと書いている間に品川と新横浜で大量の人を積み込み、東京駅ではスッカラカンだった車内もだいぶにぎわってきました。

東海道新幹線は「ビーアンビシャス」でお馴染み、TOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」が発車メロディになっているのですが、もう5年以上前の話なんですね、時の経つのは早いものです。音域的にも勢い的にもとても歌いやすかった作品なので、よくカラオケで歌ったものです。あれはたしか700系新幹線登場のときですよね、あれからN700系、さらに新しい新幹線も登場する予定が見えてきて、もはや新幹線も新しい呼称を設けて、新幹線以上に速いけど結構怖いよという「震撼線」とかにするのはどうでしょう?だめですかね。だめですか。

でも、間違いなく、最高速度はどんどん速くなってきているわけで、JR東海が今やるべきたったことはただひとつ、「発車メロディ」に代わる「発射メロディ」を考案・作成することだと思いますよ。いずれオルゴールで「チャラリーン」なんて鳴らしている時間的余裕はなく、目的地に到着する時代がやってくるのですから、上りは「ジョジョンッ!!」下りは「ゲゲンッ!」とかいう瞬間的大音量効果音で、乗客にゆったりくつろぐ時間なんてないんだぞ、というアピールをメロディーに託し、「震撼」させる。やっぱり「震撼線」じゃないですか。ちがいますかね。ちがいますか。

そんなこんなでいくつかのトンネルを飛んでるうちに、次の停車駅「三島」が近づいてきました。KANさんは確か、景色を楽しみながらブラインドタッチ、訳して「目隠しお触り」で原稿を書き進めると言っていましたが、ポメラは結構日本語漢字変換はアホなところが多くて、すべてを任せておくと頼りない、だから助けてあげたくなる、そんな女の子のイメージです。

東海道新幹線で東京から三島までは44分。上越新幹線で東京から熊谷までは40分。もしも新幹線通勤を考えるとき、うちの会社で認めてもらえる一番近い駅は、この「熊谷」と「三島」になるのですが、僕はこの二者択一で、「熊谷」を選びました。奥さんの実家が群馬ということもあるし、なんとなく「熊谷」の方がのどかに過ごせるような気がしたし。いや、決して三島が悪いわけではないのですけれども。

そんな三島近くに「日本大学国際関係学部」という看板がみえました。「国際関係学部」。国際関係学という学問がそもそも聞きなれない言葉だったので、ヤホーで検索しましたところ、「国際社会において生起する様々な事象について研究する」学問なんだそうです。なんでも、経済・歴史・軍事など、ありとあらゆるアリストテレス、幅広い範囲を研究対象とするらしく、私には絶対ムリな学問だということはわかりました。でも、大切な学問だと思います。世界の為に、がんばっていただきたい。たとえば「国際関係学部」っていうのが幅が広すぎるから途方もなく大変そうに聞こえるわけで、これが「人間関係学部」とか「恋愛関係学部」とか、ゆくゆくは「二股関係学部」、「三角関係学部」、「不倫関係学部」とか、身近な関係についての学問になってくると、志望者もたくさん増えてくるんじゃないかと思います。なにが「ゆくゆく」なんだかはさっぱりわかりませんが。
さて、「静岡」です。飼い主が籠に入った子猫を連れて乗ってきました。これだけでも十分かわいい様子が妄想できるかとおもいますが、これが逆のフレーズだったらさらに興味深いですね。「子猫が籠に入った飼い主を連れて乗ってきました。」ね、どうですか、興味深いでしょう。

KANさんは静岡をおもいっき生通過していましたが、私はここでのぞみさんの通過待ちです。そして、このあたりが、金曜コラムでも話題に上った「在来線とヘーソーゲームできる区間」です。ヘーソーですか、なんて適当に流そうとしている皆さん、東京駅と品川駅の間には、一部、在来線でも新幹線よりもスピードが速くて、ヘーソーゲームしているときに、ちょっと新幹線に勝った気分が味わえる区間があるんですよ、知らなかった方は、是非そんな逆優越区間を探してみてくだサインコサキンどこまでやるの。

静岡といえば、たくさんおいしいおみやげがあって良いですよね。そういえば、今回の大阪遠征&帰省にあたり、埼玉からのおみやげもちゃんと買ってきてあります。会場に到着する前にKAN友の皆さんにお会いするので、そこで配ろうと思っているのが、「十万石まんじゅう」。厳密には行田市のおみやげになるんですが、熊谷からどこかに行くときには、よく買っていきます。紙袋には「菓子文化を見つめる十万石」とあります。それはいったい、どんな文化で、見つめた結果、どこに展開されているのか、具体的には知らないのですが、書いてある以上、見つめているのでしょう。これからもがんばって見つめてください。「なんでも新しくおもしろおかしいおやつを作ればいいってもんじゃない」、そういう古きを重んじる精神なのかもしれません。確かに、この「十万石まんじゅう」、埼玉限定のCMで「うまい、うますぎる」というだけのことはあって、うまいです。埼玉にきたら是非どうぞ。

おっと、静岡県なのに埼玉県の話を延々としてしまった。そんなこと書いているうちに茶畑もいっぱいみました。ユニチャームの工場を越えたあたりです、といえばわかるひとにはわかるでしょうか?でも、うちのたっくんが使っているのはムー○ーではなくパン○ースです、ごめんなさい。このあたりは有名な企業の工場が立ち並んでいまして、「Panasonic 洗濯機」という看板もありました。そうですよね、「National」から「Panasonic」に変わったんですよね。「Panasonic」に変わったとたん、5インチワイド液晶画面付き洗濯機、とか、超高音質お知らせミュージック付き洗濯機、とか、ボディの中から遮音する洗濯機とか、そういうのもでてきそうなイメージを勝手に抱いています。期待しています!(誰となく)

おっと、そんなこんなで「浜松」です。ここで1時間30分。全行程の半分です。浜松といえばやっぱりウナギなわけで。KANさんがよく食べていたことで有名な「八百徳」でも何度かうな茶をいただきましたね〜、あれはおいしかった。またここで「八尾徳」をヤホーで調べてみると、なんとびっくり、西麻布にも店があるんですね。知らなかった〜。でもやっぱり浜松に来て食べるのが一番おいしいと思います。気分の問題でしょうけれども。

浜松には細君がたっくんを妊娠するまでは、ジュビロ磐田のホームゲームを磐田とかエコパとかに見に行くときに、最接近する機会がおおく、そのうちの何度かは、実際に浜松にも足を運んでいます。細君の妊娠・出産以降は、昨年と今年ともにジュビロ磐田関連の遠征をできていません。が、今年、ジュビロ磐田が大宮戦で8月に熊谷までくるので、ジュビロンパスを作って、たっくんに着せて、応援に行ってこようと思っています。今からたのしみです♪

さて、「井村屋のアイスクリーム、肉まん」の看板を過ぎました。いつもこのあたりにくると、腰が痛くなってきます。ずっと座りっぱなしですからね、当然といえば当然ですよね。景色がだいぶ都会になってきました。建物の高さもずいぶん高くなりました。あれ?これはどこの駅だ?あ、「トヨ橋巨泉」ですね。今どのへんか、どの駅とどの駅の間か、というのを、最近の携帯電話ではEZナビウォークなどの地図機能を使えば一発でわかってしまうので、便利です。でも、景色でちゃんと覚えとけって話ですね、すびばぜん(花粉症的謝罪)。

あれよあれよという間に「にゃごや〜」です。ここでだいたい3分の2くらいですかね。最初の1時間と比べると、執筆文字数のペースが落ちてきました(笑)。
ここでKANさんの高級ノートブック型コンピューターは電池残量が30%になるわけですが、私のポメラはまだまだ全開です。あんなに電池の消耗が激しくなるのはてっきりVAIOだけだと思いコンダラ試練の美智代。Macでもだめなんですね。最近のPCは違うんだと思いますが、私の家にあるVAIOはもう数年前のもので、それ以来ノートブック型コンピューターは購入していませんので、わかりません。

名古屋前で、KANさんが気にしていた「We will soon make a brief stop at Nagoya」の「brief」は、当然「少しの間」という意味だということは中学時代かなにかに学習しましたが、あのコラムを読んでしまったせいで、私も「まもなくブリーフ一枚で名古屋に停まります」的なイメージを持ってしまったではないですか。

ともあれ、名古屋で一気に人が降り、一気に人が乗ってきました。30%くらい人が入れ替わったイメージです。今まで関東圏の言葉中心だったこの車内も、徐々に関西圏の言葉が大勢を占めることになってきました。よっしゃ、じゃあ、わてもそろそろ大阪弁で書かなあきまへんな。

一瞬ではありますが、このへんでも新幹線は在来線とヘーソーゲームしてはります。「岐阜羽島」「SANYO SOLAR ARC」「揖斐川」「関ヶ原」と過ぎ、おっと、ここで睡魔が襲ってきてしもたわ。・・・なんか、急に数分間の記憶がなくなってしもたみたいですわ。いつもそうやねんけども、東海道新幹線で東京−大阪間を往復するときは、いつも必ずどっかで睡魔が襲ってくるんですわ。すいまへん。

のぞみやったらもうそろそろ大阪に到着してる頃やねんけども、今乗ってるんはひかりやから、あと30分くらいかかります。だんだん指も疲れてきましたわ。2時間30分近くも文字をひたすら打ち続けるっちゅうのは、意外に疲れるもんやねぇ。普段は書くべきことを考えながら休み休みで文章を書いてるから、そんなに苦にはなってへんかったけども、ひたすら書き続けるっちゅうのは想像以上に重たい作業やっちゅうことがわかりましたわ。

そうそう、大阪といえば、一個気になることがありまして。首都圏で生活するようになって、地下鉄を使ってて思ったことやねんけども、大阪市営地下鉄って、走ってる最中に「次は○○、××××にお越しの方は、次でお降りください」っていうアナウンスがあるんですわ。しかもこの「××××」は有名な場所ではなく、まったくもって無名な商店とか、どこにあるんや、聞いたことないぞ、というスポットとかが入ってくることが多いんです。いわゆる、大阪市にお金を払って広告を出してる、というやつなんやと思うねんけども。

あれ、東京の地下鉄が民営化されたからなのかもしれんけど、東京では聞かへんですよね。東京の地下鉄に乗っててすごい落ち着かへんな〜って思ってたんやけども、それはきっと、このアナウンスがなかったからなんやな〜と思うんですわ。ほかの地方ではあるんやろか、どうなんでっしゃろ?

なんて、いくら元大阪人とはゆうても、そんな言葉づかいせぇへんで、という言葉づかいでお送りしてきました今日の突発的「新幹線で走り書き〜っ!」ですが、間もなく京都に到着しそうなので、そろそろ降りる準備を始めます。KANさんは行けなかった「電車に揺られながらのシッコ」にちゃんと行っておこうと思います(笑)。確かに格別っちゃあ格別ですけども。なにが格別なんだかは、文字で伝えづらいのでキャッツアイ。

さて、いよいよです。次にアップするエントリーは間違いなく、KANさんのツアー初日の模様をざっくりと振りかぶって第1球投げようとしたら15秒ルールを取られてボール!

というわけで、行ってきます!行ってらっしゃい!

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.