Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

2008年に任天堂のゲームソフトを購入したら
もらえるポイント数により、
恥ずかしながらプラチナ会員と認定され(笑)
ご褒美にもらえるプレゼントとして選択した
「Wiiゴールデンハンドル」が到着しました。
実はずっと前に。

「マリオカートWii」を買うと付属してくる
ハンドルは白いのですが、同じカタチでありながら、
金色のバージョンなのです。
我が家でマリオカートWiiで対戦時は、
細君がWiiハンドル、僕がWiiリモコンで
プレイしていたので、ちょうど良いタイミングで
プレゼントされたことに感謝しています。

最初からWiiハンドルを2つ買わなくてよかった〜。

しかし、実際まだ1度も使われていません。

決して、
レアアイテムだから使うのがもったいない、とか、
今度自分の車に取り付けるからゲームには使えないな、とか、
なんだよ、金でできてるのかと思ったら
色が塗ってあるだけじゃないか、ちぇっ、とか、
そういう理由ではありません。

単純に、ゲームをする時間がない。のです。

無理にでもゲームをする時間を確保していた
僕にとって「ゲームをする時間がない」なんて、
本来ありえないセリフなのですが、
これが驚くことに現実にありえるんですね。

決してゲームが嫌いになったわけじゃなく。
1年前の自分からは想像がつかない急激な
ライフスタイルの変化がその背景にあります。

これまで「DS」をプレイしていた新幹線車内では、
ポメラを使ってブログを書くようになり、
これまえ「Wii」をプレイしたりブログを書いたりしていた
食後や風呂上がりには、たっくんの相手をしている
という生活リズムの変化が起こったんです。

当たり前ですが、すべてがたっくん中心の生活。
楽しい毎日です。
たっくんの入浴は僕が9割以上担当しているので、
たっくんの就寝時刻は夜中0時すぎ。
その後でも、今までの僕なら
ちょろっとゲームしてたかもしれませんが、
もはや体力は0に近く、ほとんどなにも
するような気力は残っていません。
やることといえば、せいぜいネットで15分程度、
買い換える車の検討を眠い目をこすりながら
進めるくらい。
(さらっと爆弾発言(笑)詳細はいずれ。)

そんなわけで、ゲームは2の次になるんです。
でも、ゲーム関連のニュースだけはチェックしてますよ。
つまり、ゲーム好きであることだけは、変わりません。

いつか、時間制限をちゃんともうけて(これ大事)、
たっくんとマリオカートWiiの対戦をする日が
やってくるのでしょうけれども、
そのときは、このゴールデンハンドルを
たっくんに譲り託したいと思います(笑)。

なんか、親からの形見みたいですね(笑)。
っていうか、
親の形見がゲームのハンドルって・・・
どないやねん(笑)

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.