Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

前回は、
現在利用中の立体駐車場においてできるだけ
周囲に迷惑をかけずに手早く息子を乗せて
出庫するために、新車購入に向け検討を開始。
条件として、スライドドアを備えていること
を書きました。

今回は、具体的な車種検討です。

当初の条件は、

(1)スライドドア
(2)現在の車(WiLL CYPHA)より極端に大きくない
(3)かといって軽自動車は避けたい

という程度でした。

(1)は前回も書いたとおり、
息子をチャイルドシートに乗せて出庫するまでの
手順を少なくするための最低条件。

(2)は、奥さん要件。僕はいくら大きくなっても
大丈夫ですが、体の小さい奥さんにとっては、
運転する上で大きすぎると運転に支障がありまくり。
現在が3700mm程度なので、
できるだけ4000mm以内に収めたいところ。

(3)は、わがままだと言われそうですが、
小さすぎてもそれはそれで狭くて困っちゃいます。
利用頻度は少ないとはいえ、乗るからには、
一種ののびのびくつろげる居住空間として捉えたい。

そんな、一見すると相当候補がひっかかってきそうな
たった3つの条件だったのです。

すると、国産では、

トヨタ・ポルテ

くらいしか見つからない、という。
できるだけ早期に決めてしまわないと、
息子との生活にも影響があったので、
逆にある反面、助かりました(笑)。

別に、坂道山道を走りまくる要件もないし、
パワーやスピードを求めていないし、
排気量は少ない方が経済的にも良い、てことで、
「1300cc」を。
そしてお得なパッケージである「Cパッケージ」を。
汚れが一番目立たないという理由で「シルバー」を。

ここまで決まるのに、
ほとんど時間はかからなかったような気がします。

あとは、机上でいろいろ検討していても、
イメージと異なることが多いにあり得るので、試乗。
そして、オプション検討、
さらに、メインイベントとも言える、
サイファの下取り価格交渉、
及び新車の購入価格交渉です。

今日は時間切れですので、ここまで。

次回は、試乗してみて総合的に判断した、
「ポルテ」の良い所と留意点を書き留める予定です。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.