Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

さて、ここのところ、4日連続して
先日のKANさんと桜井さんとのダブルDJの模様を
スクリプトしているのですが、
http://sei.lovely.to/blog/005258.html
最近全然それ以外の話を書いていなかったので、
今日はinterFMで今日から放送されたKANさんの新レギュラー番組
「Have a Nite Trip」について。

過去のラジオレギュラー「MUSIC GUMBO」「アタックヤング」とか
現在のラジオレギュラー「ロックボンソワ」とも異なり、
スットボケは挟みながらもオシャレというか、爽やかというか、
ウィットに富んだ素敵なのんびり空気感の番組です。
毎週心地よい感じで聴けそうです。

が。今日、第1回目だというのに、実はヤバかったんですよ。
会社の体制変更後の親睦を深めるための飲み会で
帰りが遅くなって、自宅に到着したのが22時50分^^;
こういう事情があって、
バルコニーの手すりに機材を結わえないと電波が届かないわけで、
急いでセットしたのが番組開始の5分前。焦りました。
次回以降は、こういう不測の事態に備えて、
もっと早めに帰ってこないといけないですね〜。

とにかく、無事に聴けてよかったです。

記念すべき1曲目はビートルズの「MAGICAL MYSTERY TOUR」。
今後もinterFMならではのインターナショナルな話題に加えて
好きな音楽をかけていく、っていうことなので、
ちゃんとKANさん色は守られるようです。よかったよかった。

Catherine(キャサリン)さんとのやりとりも良い感じでした。
むしろ、彼女が居なかったらinterFMっぽい番組じゃなくなってたかも?

トークの内容的には、初回ということもあり、
KANさんに関する基本情報とか、
オフィシャルサイト維持や金曜コラム継続の大変さとか、
インターネットカフェから金曜コラムを書いたこともあるという話とか、
大学オフィシャルTシャツ収集の話とか、
フランス滞在時代の話とか。

2曲目にはKANさんの「サンクトペテルブルグ」。
これも番組の雰囲気ぴったりな曲。
なかなかinterFMって日本のアーティストの曲は
かからないので、貴重だと思います。

途中、
「今はまっているものは何ですか?」というキャサリンさんの問いに対して、
「どつぼ以外でですか?」というスットボケをしたKANさん。
ボケについては詳しく説明しないよ、と言っておきながら、

<「はまっている」という言葉に対しての「どつぼ」だからね、
 「What's your hobby?」に対してはどつぼとは言えないですからね>

みたいな説明まで親切にしてたり。KANさんらしい(笑)。

もちろん、「世界の国家」のコーナーもやってましたよ、
国の基本情報を添えてから国歌を流すというもの。
記念すべき第1回目の国歌は「フランス国歌」でした。

・・・で、さすがにこれらを毎週スクリプトすることは不可能なので、
この番組で出てきた話題とか豆知識とかは、
気が向いたときに、「集めて!KAN知識」に登録していきますかね。

あ、「集めて!KAN知識」っていうのは、
このブログのエントリーの最後にある
評価投票をしていただいたときに出てくる「感謝」ボタン
を押すとジャンプできる、ランダム豆知識です。

詳しくはこちら。
http://sei.lovely.to/blog/004506.html

まだ29件しかなくて、ほんと申し訳ないので、
がんばります!

あ、最後にちょろっと。

もうKANLENDARには登録しましたが、
「LuckyRaccoon」の34号が明日から予約できるように
なるそうです。

今回から店頭には並ばないそうなので、
いつも店頭購入している方はお気をつけて。
そして、今号は、今日(日付的には昨日)発表になった
突然のウルフルズ活動休止についてのお話も含め、
トータス松本氏にインタビューしているとのことですから、
さ、さすが森田さん!情報掴んでいたわけですね、って、心底感心です。
明日、早速予約しなくては。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.