Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

義父さんが4月に亡くなり、
新盆を迎える8月、
昨日から2泊3日で奥さんの実家に来ています。

今まで祖父祖母の新盆は経験しましたが、
そのときは親がすべていろいろやってたので、
あまりどういう準備があってどういう仕組みで
・・・ということを真剣に考えたことが
なかったような気がします。

今回は、あれからもう何年も経って、
真剣にいろんなことを考えるような人間に
なったので、新盆の行事そのものの進め方や、
それぞれの意味会いなど、
ほほ〜なるほど、と学ぶことが多くて、
感慨深いお盆になりました。

8ヶ月のたっくんは今回もたくさんの親戚に会って、
泣くこともなく愛嬌を振りまいていました。
なかなか人見知りはしないみたいなのですが、
多少堅い表情なのは、ちょっと緊張気味だったのかも。
みなさんがお帰りになった後は、
さすがに彼なりにいろいろと張りつめたものが
解けたのか、めっさ寝てました。お疲れさまです。

この数日自宅を離れていますが、
木曜日の「Have a Nite Trip」、
出発前にバルコニーの手摺りに括り付けて
予約録音していますので、ご安心を(誰に言ってる?)。

そういえば、KANさんの今週の金曜コラムは、
音楽やってる人なら「おぉぉ!」って唸る内容で
非常によかったですね。

僕もかつては、「YAMAHA V50」というある意味名機で、
リズムを作るとこrから上モノを作るところまで、
オールインワンな作曲活動をしていましたが、
2行の液晶で表現できることはかなり限られていて、
大学ノートにあれこれ書き殴っていました。

今ではもちろんPCで全部やっちゃっていますので、
そんな苦労とはオサラバして長いのですが、
まだあの苦労をKANさんは「音楽的こだわり」で
続けているのを知り、リスペクト度がまた上がりました。
「コピーを使わないで全小節を手書きする」というのは、
まさに、生モノの音楽を大切にしている証拠です。

見習いたいけどやっぱりラクな方を選びたくなって
見習えない、そんな結果になりそうなので、
「これからはKANさんを見習って手書きします!」
なんて大きなクチは叩けないですが(苦笑)

あ、前回予告した「たっくんプール見学録」は、
また次回以降の宿題で。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.