Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

先日からたっくんの初プールの話を書くって
何度も引っ張っておきながら、またもや別のお話です。

なにしろ今日はたっくんにとって記念すべき
「ジュビロ磐田初観戦」だったのです。
しかも、ちょうど生後9ヶ月になりました。

今シーズンのジュビロの日程が決まってから、
この熊谷スポーツ文化公園・大宮アルディージャ戦は
是非たっくんと見に行きたい、と思っていました。
まだ生後9ヶ月なので、そんな遠出できませんので、
熊谷にジュビロが来るなら
観戦しないわけにはいきません。

幸い、今日は雨も降らず、
気温的にも夕方には涼しい風が吹いて
心地よい観戦コンディションになりました。
よかったよかった。

当初勝手に19時キックオフとばかり勘違いしていて、
のんびり準備していたので、現地に到着したのは
試合開始(18時)から15分程度経っていたでしょうか。

昨年の最後の観戦から約1年、
ジュビロの観戦から遠ざかっていたこともあり、
スタジアムに近づくに連れ、徐々に思い出すように
観戦モードが体から滲みでてきました。
懐かしい雰囲気に、心躍ります。

でも今回はいつもと決定的に異なります。
ちょっと前に購入したジュビロのベビーTシャツ。
今回はこれを着た息子が一緒なわけで、
周囲に迷惑をかけてしまわないだろうか、
いろんな不安も楽しみも抱えながらスタジアムにイン。

さて。

係員の方に親切に空いている席に案内してもらい、
(その節はありがとうございました)
席に座ろうと準備しようと思ったそのとき。

ジュビロ・西のゴール!!!!

いきなりちょうど背後で起こった出来事でしたので、
残念ながらその瞬間を目撃できず(笑)。

そして周囲は大歓声!!

びっくりしたたっくんが大号泣!!!

ほんとに周囲のみなさま、申し訳ありません。
熊谷花火大会では泣くことはなかったので、
花火に対する免疫もできており、
ハーフタイムの花火大会はぜんぜん大丈夫だったんですが、
試合中にジュビロが攻め上がってきたときの
あの突然の歓声には流用できなかったようです・・・。

その証拠に、ゲーム運びが落ち着き始めると、
通常の応援の太鼓やら歓声では
特に泣きもせず、おとなしく観戦してました。
つまり、普通の大きな音は、大丈夫なんです。

が、またジュビロのチャンスになり、
僕も奥さんも含め、周囲が「ウォ〜〜〜」とか
テンションが上がり出すと、
それを察知したたっくんがまた号泣。

ごめんよ、どうしてもチャンスに唸るなと
言われても体が反応してしまうのですわ。

でも、つまるところ、
たっくんが号泣するタイミングが多く、
その長さが長ければ長いほど、
ジュビロは対戦相手に対して優勢に立っている、
ということですから、
ある意味「縁起の良さのバロメータ」に
なっているのかもしれないです(笑)。

とはいえ、
次回はあまり迷惑がかからないように、
たっくんにも慣れてもらって、
みんな楽しく観戦できるようにしたいです。

そんなたっくん生後9ヶ月で
生まれて初めてのジュビロ観戦記でした。

DSCN1307
みんな何を追いかけているんだろう?
posted by (C)SEI
http://photozou.jp/photo/show/1889/24856649

・・・いやいや、これで終わっちゃいかん。
試合の結果を書いてなかったわ。

結果は、1−1の引き分けでした。

これでジュビロが勝っていたら、
たっくんは「勝利の女神」になっていた
のかもしれないですが(注:たっくんは男です)
まあ世の中そんなうまいことできていませんね。

たっくんとともにジュビロの初勝利を
みられるのはいつの日か・・・大変楽しみです!

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.