Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

まず業務連絡です。

KANさんに関する豆知識をコレクティングする企画
「集めて!KAN知識」に一気に2週間分のデータを
追加しました。(No.64〜68)

以上、業務連絡を終わります。

さて。

遅くなりましたが、
先週のKANさんの「金コラ」は、
音楽をかじっている者にとっては
涎が出そうになるくらい貴重なモノでした。

ただでさえ、プロの音楽家が自分の作品の
シーケンサーの画面を写真に撮って
見せたりすることはなかなかありません。

なのに、それがデモ音源用のデータが拝めるなんて。
その貴重さに感動もひとしおです。

「音楽的な知識があればもっと楽しめるはず!」

と感じた方、少なからずおられると思います。
そんな方に「週刊マイミュージックスタジオ」
ぜひともお勧めしたいです。


マイ ミュージック スタジオ | DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン【e】
http://deagostini.jp/mms/


僕自身、中途半端な独学知識で
音楽をやってきていたことを戒め、
「基礎からやり直そう」と、
昨年1月からひそかにずっと購読していた、
この、週刊マイミュージックスタジオ。

これをやっておけば、
今まで音楽をかじったことがない方でも、
楽曲のできる過程がイメージしやすくなり、
きっとKANさんの音楽的なコメントの意味が
とてもクリアに共感できると思います。

たぶん、バックナンバーも含めて、
大型書店ではまだ売ってるのではないでしょうか?

そうそう、先日、
この週刊マイミュージックスタジオが、
81週間を経て、ついに完結したんですよ。
1年以上ですから、結構な冊数です。
CD-ROMも81枚です。さすがデアゴスティーニ(笑)。

が、昨年息子が生まれてからは、
なかなか音楽朝練などをこなす時間が
確保できず、実際のところは
まだ最後までたどりつけていません。
半分過ぎたあたりで停滞中です。

最近は、息子の夜寝る時間も多少早まり、
音楽夜練なり音楽朝練の時間を確保できる
環境が整ってきましたので、
残りのチャプターを、時間を見つけては
頑張って片づけていきたいと思います。

ちょっと長くなりますが、今後、
金曜コラムの内容と自分のこれまでの
音楽の作り方を比較しながら、
自分の音楽の作り方を振りかぶってみたいと
思っています。

今日は時間切れなので、この辺で。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.