Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

浜離宮朝日ホールでの
「弾き語りばったり#11 〜言った、言わない〜」
の最終公演(東京追加公演)が終了しましたので、
現在まで書いているライブレポートの場所を、
お知らせしておきます。

KAN『弾き語りばったり#11 〜言った、言わない〜』ライブレポート(詳細)
http://sei.lovely.to/blog/005403.html

大阪公演1日目と東京公演2日目について、
書いています。
基本的には、ここに東京追加公演についても
付け足していく形を予定しています。

そして、横浜で12月13日に開催された
「Yokohama Bayside Live 2009」の模様は、
この「言った、言わない」ツアーのネタバレにあたる部分があったため、
全公演終了してからしかアップできない状況でした。

それについても、近日仕上げて正式にアップします。

で、ここからは今日のハマリQ公演の
エッセンスだけメモします。

先程のリンク先のライブレポを読まないと
わけがわからないと思います。

また、かなり重要な情報が入ってます。

・19:05〜21:25。よくしゃべったしよくやり直したけどそれでも最高記録にはならなかった。

・使っていたピアノは、浜離宮朝日ホールのホームページから、「スタインウェイD−274(木目)」だとわかりました。

・「カメラ付き携帯電話」「携帯付きカメラ電話」「カメラ付き携帯ストラップ」と3段オチ。

・クリスマスおめでとうございます。皆さんのクリスマスがどんなものになるか、僕にかかってる。でも責任放棄、アーメン。グダグダのクリスマスにします。

・偽アルバムタイトル「染み抜き」。

・ラジコンのイントロで失敗×2。

・ピアノ、声ともにちょっと調子悪かった?

・難しい曲(Songwriter)を先にやっておくのはセオリー。南セオリー。

・ハイクラスな会場。皆さんの声もよく響きます。

・ワンときたらツー、もしくはトゥワイス。突然外人になる「サドンリー・フォーリナー」に日本人は弱い。相手は怯む。

・椅子の音に「僕の屁じゃないですよ。(スタッフに)みんなのクリスマスを台なしにしないでよ!」「臭いも広がる会場だったらこまりますね」

・「まあ、いいじゃない」が今のKANさんの流行り?

・「ピアノの貴公子」「ピアノの王子様」と呼ばれてた。

・高知は「ピンクカードタイムです」と言ったら「ワー」と歓声が上がった。

・「Premium meets Premium」のチケット価格、KANさんが一番安いのはなぜ?「僕が安いんじゃなく、みんなが高いんですよ。明日は小柳ルミ子さん(違)」

・両面を「リャンメン」と呼ぶのはKANさん的には日本語と中国語の中間で気持ち悪く、自分が萎えてしまう。

・ポリープゆうぢさん、読まれて会場が「おおお〜」とざわめいてました。「クリスマスイブまて、あと364日と迫りました。山下達郎さんのクリスマスイブをお願いします。」に精神的モノマネ。「さえない、こりない」と弾き語りで歌う。

・KANさんのコンサートにドレスコードを設けるなら「コンサバティブなワンピースに黒タイツ、髪は黒くて真っ直ぐ。男性も!」

・「碧いうさぎ」ネタは最後まで23回やりきった自分を褒めてあげたい。

・新曲やります、と言ったら「絶対ウソ」って言って金賭ける人までいた(笑)。

・「aiko式コール&レスポンス」は今後も続ける。「aiko、Perfume、しょこたん、KAN」というカテゴライズに入れるのが嬉しい。だからやる。

・「男子」「女子」「メガネ」「コンタクト」「裸眼」「ハマリ!Q〜!!(バンドの曲エンディングのイメージ)」

・「よければ一緒に」は会場にて録音実施。全員が責任を感じることに。ただし、どこに出るわけでもない(笑)(KANさんの調子が良かったらシングルの3曲目あたりに入ったのだろうか)

・「よければ一緒に」は今回も楽譜セットしわすれで一度やりなおし。

・「愛は勝つ」のエンディングの「はるばる来たぜ函館へ〜」はなし。

・アンコール前の最後の曲は今日だけ「50年後も」ではなく40曲くらいあるクリスマスソングのなかで8番目にいい(笑)「今年もこうして二人でクリスマスを祝う」。

・ニューアルバムは歌詞がほぼ出来ていてアレンジが進まない珍しいケースにハマッている。

・ニューアルバムは3月10日発売。次のバンドライブツアー初日東京公演が3月13日だから、準備する方はワキゲじゃないフラゲしてください。何枚買ってもいい。

・ライブはアルバムの曲を1曲も知らなくても楽しめるようにはしてあるが、どうだろう。

・ニューアルバムのタイトルは明日オフィシャルサイトで発表だが今日先行して聞けました。たしかに、「良し悪しの意見が真っ二つ」になるタイトルです。お楽しみに。

・ニューアルバムは素晴らしいです。すごいことが起こっています。とのこと。目を二重にするほど期待してよさそうです。「ついに私も本気を出した」

・来年は寅年、黒沢年男。デビュー23周年はライブツアー後にも起伏をつけるので、多めにお金を使っていただきたい(笑)。(「アグレッシブに活動するのでついてきて!」を丁寧に言ったらしい)

・「HEAL THE WORLD」も咳込んでしまい、こういうのは引きずるからといい、最初からやり直し。といいながらなぜか「スリラー」を弾く(笑)。

・バイバイバイのイントロとか途中のピアノアレンジが固まったのか、ちょっとアレンジが変わった。

・ニセツアータイトルは「今年もこうして二人でベロンベロン、・・・」最後の方は聞き取れず。たぶん素っ裸だとか真っ裸だとか言ってたような。

・最後は拍手でありがとう。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.