Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

チャット楽音家からのお知らせ

毎週土曜23時〜日曜01時は【チャット楽音家】にて定例チャット開催中!
【KANのロックボンソワ】を聴ける方も聴けない方も是非お越しください♪



【入店・ROM】



−クリックすると概要を表示−

久しぶりに日記らしいタイトルを
つけてます。(え?)

KANさんのライブレポの続きとか、
アルバムのレビューとかは、ちょっとお休み。

そもそも、思い返せば
日記にタイトルをつけることが
小学生のころから苦手でした。

取り留めもなくあちこちを
行ったり来たりする文を連ねて、

「〜して、〜したので、〜して、
〜だったから、〜して、ねました。」

という、あれです。
「。」がぜんぜん出てこない文章。
そんな長ったらしいのを書く子でした。

当然、テーマ自体が定まってなくて
右往左往するような文章に対して、
タイトルなんてつけられるはずもなく。

そこそこ大人になった現在では、
先に自分でチェックする時にそういうのを
見つけては修正しているので、
昔よりは少なくなりました。

でもまだまだ、チェック前は
「、」だらけの文がいっぱいです。
スラスラっと書いた段階で、
すでに「。」と「、」がバランスよく
配置されている文章がかけたら、
どんなにか時間短縮できるだろう。

と、ここまで書いて、
タイトルと関係あるフレーズが
1つも出てきていない・・・。

3月20日〜22日の3連休は
無事お休みをいただきまして、
春のお彼岸。

もうすぐお義父さんが亡くなって1年。

亡くなる前は、まだベビーベッドで
おじいちゃんに挨拶していた息子たっくん。

お墓の前で、
「たっくんはもうこんなに大きくなりましたよ」
と報告するのですが、

今回はついに、靴履いて歩いてますから。

まだ日本語はしゃべりませんが、
常に面白い言葉をしゃべり続けてるし、
プールは大好き、食べ物はみかん系が大好き、
ライブDVDを見ながら、観客が拍手したら
自分も拍手する。
輪ゴムを飛ばして笑ってるし、
歯磨きも上手にさせてくれるようになった。

いっぱいお義父さんに報告することは
あるんですが、
ほら、ちいさい子供って、「見える」って
いうじゃないですか。
だから、きっと自分でも報告してるかもね。
なんて考えながら、連休が明け。

週の最初は夜勤対応。
やってもやっても終わらない仕事を
終わってもないのに終わった気分になり、
リセットして翌日を迎えることも大事だと
言い聞かせている裏で、

ITmedia「KAN OneTopi」の正式公開ですよ。

http://1topi.jp/kan

おかげさまで、もう130名とか一気に
フォローしていただいて、感無量です。
これも岡田さん人気のおかげなのです。
本当にありがとうございます。

ていうか、さっき初めて気づいたんですが、
正式公開前のキュレータープロフィールは、
岡田さんの方が上に位置していたのに、
今さっきみたら、私のほうが上になってて
びっくりしました。すみませんすみません。
恐縮です。でもよろしくお願いします。

「何でもかんでもOneTopiにすればいいってもんじゃないんだよ」

なんて思われないように、
自分のできる範囲のことを尽くしたいと思います。

むしろ「KAN OneTopi」が、
アーティストのキュレーターを擁する
OneTopiの先駆けになればいいな、くらいの
生ゴミ(*1)で。

早速「Music Lovers」の収録レポート関連の
ブログを3件紹介させていただきました。
本当にありがとうございます。どちらも
大変すばらしいレポートでございました。

即時性を重視する「KAN OneTopi」と、
俯瞰性を重視する当サイトで、
うまいこと役割の分界をしていきたいと
思っています。
いきなりなにをやらかすかわからないので、
今後の動きに十分ご注意ください。

そして、今日は、KANさんのレギュラー番組
InterFM「Have a Nite Trip」の最終回。
最終の新幹線に乗りながら、聴いています。

今日はブータンについて。
最終回にとっておいたんだそうです。

最初の曲が「小学3年生」、
最後の曲が「REGIKOSTAR〜レジ子スターの刺激〜」
でした。

またいつか、どこかで関東で聴ける
レギュラー番組、やってくれないかな。
楽しみに待ってます。

(*1)今更説明する必要ないですけど、「意気込み」を示すKANさん語です。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.