Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

チャット楽音家からのお知らせ

毎週土曜23時〜日曜01時は【チャット楽音家】にて定例チャット開催中!
【KANのロックボンソワ】を聴ける方も聴けない方も是非お越しください♪



【入店・ROM】



−クリックすると概要を表示−

さて。今日は昨日とは違う理由(仕事)で
最終高崎線です。

昨日KANさんにお届けしたツイートアルバム、
写真に撮っておきましたので、
まずは公開しておきます。

後ほど、いろいろまとめを追記していきます。
反省点もあちこち散見されましたので・・・


100425-KAN芸能生活23周年記念特別寄せ書き『ツイートだけでひっぱって』(フォト蔵)
http://photozou.jp/photo/list/1889/1355702

KANわんとぴ(@kan_1topi)に対して、一定のフォーマット(後述)で
Reply(@)の形でツイート(つぶやき)を発することで、

KANさんへのデビュー23周年記念寄せ書きを
作ってしまおう!

という企画でした。

http://sei.lovely.to/blog/005685.html

集まった寄せ書きは、私SEIが責任を持って
4/25のライブツアー最終公演で
スタッフの方に手渡しさせていただきました。

証拠写真(協力:キーボード・矢代恒彦さん)↓
http://twitpic.com/1ic0mp

【補足】

たいへん申し訳ないことに、
2ページ、3ページの写真を撮り損ねていることが判明
しました。大変申し訳ありません!!!m(__)m

また、ページ数は全て「素数」で構成されていますが、
149ページ、151ページは余白ですので撮影していません。


実はずっと前から、KANさんのデビュー23周年記念に際し、
「何かKANさんにプレゼントしたいね」
っていうことを仲間内や当サイトの掲示板
「(株)セイヤング」ではちょろちょろ
話していたんです。

それはツアーの追加公演が決まる直前くらい。
あきらかに追加公演が25日に入るよね、こりゃ。
という臭いがプンプンする日程構成だったので。

当時は、まだ何をプレゼントするのか、
どこまで広い範囲を募って企画するのか、
などなど、細かいことはまだ何にも決めず、
気持ちの中では、1度だけオフ会を執り行い、
1人少しずつ、短い「ビデオレター」を撮って、
つなげてDVDにしてプレゼントすることを
考えていました。

その時点で、寄せ書きみたいなのがやるのもいいね
っていうことを元しずおかのお嬢さんからも
言ってもらってて。

ベースはそんな感じでうっすらと毛が生えた程度。

その後、僕自身が完全に仕事で身動きがとれなくなり、
本当ならば打ち合わせを数回開いて、
オフ会!という流れで進行したかったのが
なんにもできないまま、時間だけが経っていきました。

こういう企画をやるのに、打ち合わせなしで
うまくいったことなんて全くないことは、
僕自身も身を以てよく実感して知っていて。

ああ、せっかく23周年なのに、
なにもできずに終わってしまう・・・
とあきらめかけていたそのとき、

ITmediaの岡田さんから「KAN OneTopi」の
キュレーターになりませんか?という
打診をいただいたんです。
これ以上ないベストタイミングで。

瞬間的に、いろんな企画の断片が繋がっていきました。

オフ会が開けない以上、
ネット上でお祝いメッセージを募るしかない。
だからといって、無制限に募ったのでは、
長文だらけで僕は単純に手紙やさんになるだけ。
そして、それは冷たい活字の羅列にしかならない。

なので、敢えて、短い文章に熱い想いを詰め込む
という緊張感のある制約をつけてみたら、
読む方も読みやすいだろうし、数もたくさん
集まるかもしれない、と。
なにより、メッセージを書いていただく
皆さんもあれこれ考えることで頭の体操にもなるし(笑)。

ということは、これは「twitter」で
つぶやきを集めるのが現時点での最善策である。

答えがでました。

そして、わんとぴの事前打ち合わせで
ITmediaさんにお邪魔したとき、
すでに企画草案は頭の中にできていて、
岡田さんなどにも、「すでにやりたいことがある」と
頭出しをすませました。

言ってしまった以上、完遂する義務が発生。

あとは頭の中のことを整理してタイミングを
見計らって募集をかける。
とりあえずそこまでやればなんとか動かせる。

こちらができるだけ手数を少なく
ツイートを収集できるようフォーマットも決めて。

しかしここからがまた大変でした。

ツイッターを初めて登録した方には、
なかなか説明が不親切だったんですね。
これは申し訳なかったと反省しています。
結果、いろいろ試行錯誤して、
マニュアルをできるだけ丁寧に作りました。

おかげさまで最終的に、113件という
素数の数だけお祝いつぶやきメッセージを
いただくことができました。
賛同いただいた皆様には大変感謝しております。

しかし、まだまだ大変な作業が残っています。

締め切りがそもそも遅すぎた。
よりによって、授受する前日に
締め切りを設定するなんて。首絞めまくり。

結果、関係者受付でお渡しするギリギリまで、
銀座パセラで友人にせっせと手伝っていただき、
ようやく仕上がるという結果に。

幸いにも、こういう工作を好んで
やってくださる方がいらっしゃったので、
大変助かった次第です。

途中、BGMを歌って気持ちを盛り上げて
下さった皆様も、心強かったです。

KIDのコピーを手伝ってくれた実妹にも感謝。

場を盛り上げてくれた、息子たっくんと、
友人の娘しお子さん。(ともに1歳5ヶ月)

本当に、いろんな皆様にありがとうなのです。

(詳細と感謝の言葉は前日の日記を参照)

もっと事前に打ち合わせする時間があれば、
もっと仕事が忙しくなければ、
もっと考える時間があれば。
もっと素晴らしい作品になったかも。

タラレバはニラレバーの親戚なので(?)
これ以上悔やんだってしょうがないですが、
あの時点での十分な満足度だったと思います。

ツイートをいただいたみなさま、
助言、アドバイスをいただいたみなさま、
お手伝いいただいたみなさま、
ご協力いただいたスタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。

以下、製品仕様(?)です。


「ツイートだけでひっぱって」製品仕様
・フォトアルバム仕様
・ホゴンでムギャネな方のために大型サイズフォント仕様
・素数ページ番号付与
・素数換算全167ページ
・各左ページにKID(北青山イメージ開発)から写真を添付
・各右ページに1ページあたり7ツイート収録
・計113ツイート収録
・139ページに念願のKANさんPerfume入り証明写真搭載
・最終ページにツイートした方の一覧掲載


最終的にはKANさんに「ロックボンソワ」放送内で
お礼コメントまでいただいてしまって。

ありがとうございましたm(__)m

関連記事・関連サイト

芸能生活23周年記念逆特別 BAND LIVE TOUR 2010【ルックスだけでひっぱって】 [DVD]

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.