Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

今日は、TIGERSONGWRITERであるKANさんの
48歳寅年誕生日です。イコール、2歳年上にあたる
キーボード矢代恒彦さんの50歳誕生日です。
お二人に感謝する日です。

気がつきゃいつもKANさんの音楽が流れてた20年余り。
TIGERSONGWRITERの後輩の端くれとして見習いたいことが山程あります。
まずは「ルックスだけでひっぱって」DVD投げ込み1000球、
そして来月は再発アルバム聴き込み1000本ノック。
頑張ります!

たぶん今日の昼間にでも、金曜コラムと一緒に
オフィシャルサイトの「履歴書」が
しれっと、さらっと更新されることを期待しています。
一昨年、昨年と、あまり記述内容に変化がなかったのですが、
今年は変わったことが書いてあるのかどうか、
気になるところです。

と同時に。

僕ら夫婦の結婚(入籍)記念日です。丸9年になりました。
妻と息子には相変わらず仕事やらなにやらで忙しい私と
一緒に過ごしていただき、多謝です。

僕ら夫婦が結婚し、息子たっくんが誕生するきっかけとなった
KANさんに、今年も例年通り感謝しながら過ごしたいと思います。
でも、実はそんな今日は悲しいかな夜勤ですので、
お祝いっていうほどのことはできないのが残念です。
ちょうど入籍した時刻は、夜勤に向かう新幹線の車中です。ふう。

しかし、大切なのは、気持ちですから。

日々同じことの繰り返しになりそうな中で、
本当に、妻はよくやってくれていると思います。

「秋、多摩川にて」を聴いていて最近いろいろ歌詞の捉え方が
変わってきています。

「お給料ももらわずに働く毎日」って、初めて聴いた当時は
あまりピンと来てなかったんですけど、
物凄く重い言葉だよな〜って。
そもそも、自分を含めた家族に対して、
それは「働く」と呼んでよいものなのかどうなのか。
っていう言葉ひとつをとっても、考えることだらけです。

「働いた報酬をお金で貰う」行為と比較すること自体
ナンセンスなんだ、そんなこともKANさんは当然知っていて、
あの主人公にあの言葉を使わせたのだろうか、と深読みしたり。
それとも、今あの曲の歌詞を書いたら実は違う言葉になるんだろうか。

唯一無二の家族と共有する空気とか気持ちとか、
そういうものに包まれる状態自体が、
大変に貴重なことで、かけがえのないことで。
そう感じれば感じるほど、「日々同じことの繰り返し」に
感じられそうな日常は、実は全然繰り返しじゃない。
そんな風にも思ったりしますし。

う〜ん、難しいテーマですね。まとまらないことを
書きすぎてもあまり読んでいてわけがわからないでしょうから、
この辺にしておきましょう。

とにかく、僕は妻と息子に感謝している。
そのきっかけとなったKANさんに感謝している。
それが事実であることに変わりありません。

ちなみに、明日は夜勤明けの「セイ櫂谷のセイヤング」
Ustreamにて、放送しようかな、どうしようかな。と模索中です。
やるとしたら、KANさんの「ロックボンソワ」よりも前に
初めて、「ロックボンソワ」の直前に終わる、というのも
やってみたいのですが・・・どうでしょう。

放送する場合、
テーマは「ルックスだけのDVD逆特別感想発表会」の予定です。

妻、息子、KANさん、
またこれから1年この空気の提供をよろしくお願いします。

続きを読む "丸9年の結婚記念日&KANさん48歳誕生日"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


【執筆待ち行列】
・KAN「ルックスだけでひっぱって」DVD感想
・KAN「ルックスだけでひっぱって」BSフジ感想
・RAG FAIR「Non Stop Hour 」感想
・たっくん、真のZepp Tokyoデビュー

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.