Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

実は黙っていましたが、
昨日磐田GK川口に
最後のPKを見事止めさせた影の功労者は、
この1歳11ヶ月児です。(親バカ)


http://photozou.jp/photo/show/1889/55537508 posted by (C)SEI

2010ヤマザキナビスコカップ決勝。
昨日国立競技場で行われた
ジュビロ磐田 vs サンフレッチェ広島
を、たっくん含めて家族3人で観戦。

ジュビサポ仲間の友人とも現地で
ご挨拶したりお土産交換やたっくんへの
早めの誕生日プレゼントをいただいたり。
ありがとうございましたm(_ _)m

試合の中身はとにかく歴史に残る名勝負。

前半船谷の先制でホッとしたのもつかの間、
前半ロスタイムに追いつかれ、1-1で折り返し。

後半にはすぐに勝ち越されて、1-2。

後半42〜43分時点でこの展開なら
普通はこのまま試合が終わるムードで、
徐々にどんよりとしてきます。
実際、あとでビデオを確認したら
フジテレビの中継でもそんな感じの
コメントがちらほら。

しかし、この試合は、
どう考えてもジュビロの方が
攻めまくっていて形も流れも
よかったので、最後までチャンスを
諦めないで作って行けば、何かが起こると、
ジュビサポ皆がどこかで感じていたと思います。

すると出ました後半44分、前田の同点弾!
信じた奇跡にエースストライカーが応える。
身震いしました。

比較的おとなしく見てくれていたたっくんは、
このへんでまさかのお昼寝突入(笑)。

そのまま後半終了。延長戦突入。

延長戦も終始ジュビロペース。
たまに攻められてはいましたが、
わりと安心して見ていられたのは、
ジュビロの攻め方にバリエーションが出ていて、
いつぞや完全なる低迷期に見たときに感じた
イライラ感がなかったからかな。

もしたとえ負けてしまったとしても、
誰を責めることなく労っていたと思います。
(たぶん、ね)

ついにジュビロはそのあと大爆発。
延長前半12分菅沼、14分山崎、延長後半4分前田と、
立て続けにゴールに放り込むシーンは、
ホントに興奮したし、気持ちよかったです。

気がつけばすごい点数が入っていたのでした。

ものすごい試合なう!
http://photozou.jp/photo/show/1889/55450357 posted by (C)SEI

しかし、そのまま軽々とは終わるわけもなく。

この試合はとにかくロスタイム間際がことごとく
試合を動かしたり決めたりするための
ポイントとなるプレーが重なり、
気の緩めることが一切できない
素晴らしい決勝戦でした。

その最後を飾ったのが、
ペナルティーエリア内で反則してしまい、
PKを相手に許した延長後半ロスタイム。

ここでさっきまで昼寝していたたっくんが
ここでパチッと目が覚める!
なんというタイミング(笑)

するとGK川口能活のスーパーセーブ炸裂!!
跳ね返ったボールをさらにシュートされるも、
わずかに逸れる!奇跡のラストプレー!
唸りまくりました。

ついに試合はそのまま終了。
ジュビロ磐田が超久しぶりのタイトル獲得。
すごい瞬間に居合わせました。
生涯忘れられない試合の一つです。

また、あのタイミングでたっくんの目が
覚めなかったら、あのスーパーセーブは
炸裂しなかったかも知れない。

と思うと、
最後のPKを見事止めさせた影の功労者は、やはりこの1歳11ヶ月児なんだと
感じてしょうがないわけです。(親バカ)

たっくん自身のジュビロ観戦成績は
1勝1分け。
前回の観戦のときに(大宮戦)、
初めてたっくんが勝利を呼ぶ男になるのは
いつだろう的な話を書きましたが、
昨日が勝利を呼ぶ男への第一歩でした。

ナビスコカップ観戦の戦利品。1人1組新発売のチップスターとオレオ...
http://photozou.jp/photo/show/1889/55526415 posted by (C)SEI

ナビスコカップ観戦の戦利品。
チケット2枚に対してなぜか
3組もらいまして(笑)。

最後に。
11月3日は「晴れの特異日」と言われますが、
結婚式記念日がこの11月3日である
我々にとっては、大変に素敵な出来事が
起こる特異日になっています。

今年の11月3日をこんな良い1日に
してくれた磐田&広島イレブンの皆さんには
こころから感謝です。
ありがとうございますm(__)m

これからも毎年良いことに巡り逢える日で
ありますように。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.