Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

さて、帰りの電車のなかです。

今日はKANさんの「弾き語りばったり#13 〜Moonlight Sirinade〜」
の東京追加公演を見に、天王洲銀河劇場まで行ってきました。
今回のツアーで私が参加する最後の日。

公演も終盤になり、回を重ねるごとに
パワーアッペしているように感じました。
詳細は、ネタバレになるので、いつものように
CMと改行のあとで。

続きを読む "[シリナーデ]「弾き語りばったり#13」東京追加公演にて個人的な千秋楽終了"

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!







































いつもならここで、

「ベースとなるライブレポは
先日書き上げた静岡公演のものを読んでいただきながら、
そのなかで、東京追加公演だけの差分部分を
書きます」

みたいなことを書いているのですが、
肝心な「ベースとなるライブレポ」が
未完成なので、後日改めて静岡公演のものを
ご確認ください。

座席はF列の右の寄り。
ピアノに座りながらMCするときに
ちょうどKANさんの目線がくるあたりです。
ピアノ、声ともに、
かなり調子がよいほうで、
僕が見に行った今回の公演のなかで、
イントロを1曲もやり直さなかったのは
初めてだったと思います。

今日は東京追加公演の部分的な総括だけですみません。

会場は、今回のツアーで参加したなかで、
最も素敵な高級感あふれる銀河劇場。
椅子が柔らかくて腰に優しかったので助かりました。

客席を見上げると、2階席を中心に、
KANさんのミュージシャンなお知り合いが多く
見にこられていました。
バンドツアーでお馴染み清水さんや中野さんも
いらっしゃいましたね。

そういえば、KANさん自身、開演前に三階席に出向いたけど、
なんか疎外感があり、隣のマンションから
覗いている感じなので、三階席の方も
ちゃんと意識しますね、といいながら、
あとで意識し忘れたシーンがあって笑いました。
サインボール投げとかはないけど
サイン入りゴルフボール打ちっぱなしは
やってみたい(笑)、とも言ってました。

「キリギリス」は「社会派昆虫シリーズ」(笑)
とおっしゃってました。

「永遠」の紹介のときに言ったニセアルバムタイトルは
「ラブ・ピース・アンド・半身浴」。

毎回同じMCを暗記してくる、といいつつ、
ちょっとずついろんな笑いの要素が
回を追うごとに足しこまれていて、
何回聴いても飽きないです(笑)。

つるの剛士さんの武道館でのコンサートに
剣道着で出演した話も、コテをつけてピアノを
弾くところまで再現してましたし(笑)。

動きもいろいろ加わっていましたね。
ステージ前の方に出てくるときにムダにターンしたり。
そんな細かいところが、それぞれジャブを打ってきます。

東京公演と言うと、だいたい、ピンクカードの内容が
難しくて、お客さんもおとなしく真面目な印象らしいんですが、
今日はいつも以上にオーディエンスとのカンバセーションが多く、
東京とは思えないはっちゃけっぷりでした。

「縮図」というところが「すくず」になって
ウケたお客さんの近くに行って「すくず」
ってささやいて今夜寝られなくなったり(笑)。

ピンクカードタイムの入口では、ピアノでSEを
入れてみたり。

弾き語りばったりシリーズを始めるきっかけは
「小中高ずっとサッカー一筋だったのに
両手両足同時に脱臼したから」とか(笑)

「チケットで警察官になっていますが、
逮捕したいひとは誰ですか?」に対して
佐々木希ちゃん、と即答し、
「のってるかい?のってるよ!カーと言えばGoo」
の「のってるよ!」の時に手を伸ばした
僅かな瞬間に逮捕するんだそうです(笑)

そうそう、特筆すべきは、
KANわんとぴでご一緒させてもらっている
ユタカン(@yukatan)も別の方(@nkmr)からのキラーパスで
KANさんにいじってもらっていましたね(笑)
それで座っている場所がわかったおかげで、
帰りにユカタンに挨拶して帰ってこれました。
ありがとうございました。

山崎まさよしさんのカバーやる前は
「ルックスだけで〜」ツアーのシークレットゲスト
を一通りいうんですけど、
桜井和寿さんは「ミスター桜井さん」(省略シスギ)
根本要さんは「東方神起の根本要さん」(笑)

aikoさんのベストアルバムを聴きながら会場に
来たそうで、アルバム初回盤の箱から
CDが取り出しにくくなるのを防ぐために
帯がつけてある気遣いを絶賛されてました。

「男子、女子のコーナー」は、
【コールアンドレスポンシビリティ】、と正式に
呼ぶようになってかなり浸透してきましたが、
相変わらず今回も、aiko、しょこたん、Perfume、KAN
というカテゴリから逸脱したくないから、という理由で、
これからも当面やり続けるっておっしゃってました。

ただ、KANさんならではなのが、
ここで、ある程度のオリジナリティを持っておかないと、
今後、5年10年と経って、aikoさんに憧れてアーティストに
なった人などがどんどん同じことをやり始めたら、
生き残れなくなる。っていうようなことを理由にして、

男子は可愛い裏声で女子っぽく「はい!」
女子は前のめりで低音で男子っぽく「はい!」
そうでないかたは自由に(笑)。
そしてそのあと、全員でショッカー「イー!」(笑)
このシーンも公演を重ねる毎にパワーアッペしたなあ。

とにかくMCが今までで一番長くて、
2時間30分超えしたのを見たのがこのツアーで
初めて。座ったまま、
笑ったり真面目に聴き入ったり、という
メリハリをつけるので大変大変。
スタンディングで見てるんじゃないかという
くらいのカロリー消費、楽しすぎて疲れました(笑)

翌日の2/28はKANさんは
東京国際フォーラム(関西弁イントネーションで)で
ホールアンドオーツを見るそうですよ。

終演後の影アナさんのアナウンスで
いつもスッとボケタイトルをいれてくるのですが、
今日は、「弾き語りばったり#13 〜銀河鉄道スリーサイズ〜」。

今回のツアー、合計見たのは気づけば5回。
そんなに行ってどうするの?と言われそうですけど、
MCの違いが第一目的ではなく、
このツアーでしか聴けないピアノアレンジを
なんとか覚えて、今後のピアノ弾き語りの練習にも
取り入れたい、という思いもあったり。

もちろん、おいしいものたべて「クイッター」
したいっていうのもありますが、
今回は日程の都合でわりと都会しか行ってなくて、
静岡で食べたお寿司くらいでした。
ちょっと消化不良だったので、次のツアーは
もうちょっと遠くに行きたいです。

いつもいつも同じこと書いてますけども、
各会場でそれぞれの独特の雰囲気、MCも織り混ぜながら、
最後まで楽しませていただいて、
KANさん、スタッフの皆さんに感謝です。
各公演で御一緒させていただいた皆様、
立ち話程度でしたが、ご挨拶させていただいた皆様、
本当にありがとうございました!!

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.