Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

2011年5月1日、KANさんの昭和音楽大学管弦楽団との
共演コンサートを見てきました。
演奏される全曲をKANさんが編曲し、
学生さんを中心としたオーケストラで演奏。

感動がまだ冷めやらないうちに、ひとしきり書いてしまわないと、
またズルズルと記憶が風化してしまって後悔するので、
思い出せるうちに、今、時間が許す限り、殴り書いておきたいと思います。

なかなかこんな機会はない、ということで、チケットも超争奪戦でした。
私は友人等合わせて21枚のチケットを新百合ヶ丘まで買いに行き、
その後忘れないか、落とさないか、ずっと不安なままこの何か月かを
すごし、そういう意味でも緊張感のある日々を送りました(笑)。

一言で表すなら、「凄まじい化学反応」。

フルオーケストラをフルで使う、いわゆるクラシックコンサート
というのを淡々とクラシックコンサートのルールで行うのではない。

ドラム・ベース・ギター・ピアノはクラシックではない
バンドスタイルで、そこに乗せる管弦楽器系の音を
生音にする+αのロックではあまりやらないアレンジを加える。
決して「クラシックバージョン」ではなく、「ロックに管弦楽を化学反応させたもの」。

曲間はKANさんならではの丁寧な曲紹介やアレンジの肝などの説明と、
予定終演時間を45分くらいオーバーさせるほどの長大な
スットボケMC(100%台本ではなく、台本半分、アドリブ半分くらい?)、
昭和音楽大学管弦楽団の指揮者である「福本信太郎先生」と、
昭和音楽大学管弦楽団のおちゃめな「しんたろうちゃん」(同一人物です(笑))、
そして、徐々に肩の力が抜けてきて心からコンサートを楽しんでいるのが
明らかにわかって、見ているこちらがホンワカと感動させてもらえた
昭和音楽大学管弦楽団の演奏者の皆さんとの絡み合い。
決して「クラシック的なルールやエチケットを順守する」のではなく、
「堅苦しいクラシックに対し力を抜いて接することができる場を提供する」。
それは最近あちこちのクラシックコンサートで取り組まれていることなのですが、
KANさんの場合、さらに一歩前へ行っていて、
「堅苦しいクラシックを、ロック的に表現する場を提供する」。
しかもその中には、時折演奏者それぞれのドラマも垣間見える場面もあるという、
まず、これはもう、到底普通のクラシックコンサートやロックコンサートでは
味わえないスタイルでした。
逆に言うと、こういった斬新なコンサートは、
学生さんオーケストラだからこそ実現できたのではないかな、と。
KANさん自身は「ギャラが・・・」とかおっしゃっていましたが、
本当の理由は、別のところにあるんだろうな、と。

なにより、ステージ上で演奏している皆さんが楽しそうなのが、
観客としてもとても嬉しくて。この空間に居られて本当に感謝なのです。

これを、化学反応と呼ばずしてなんと呼ぼうか。

客層的には、挙手によるアンケートの結果だけ見ると、
KANさんのコンサート・ライブを1度でも見たことがある、
という方がほとんどなのは今まで通りですが、
KANさんを初めてみる、という方もいつもより多く1割程度いらっしゃって、
クラシック専門でコンサートを見てる、という方もそこそこいらっしゃって。
アウェイとまではいかないけれど、そこそこの手探りが必要な状況。
クラシック専門で見られているお客さんにはどのように映ったでしょうか。

それよりも、なによりも、
普段からクラシックに染まっている学生さん、講師さんたちを、
このスタイルに引きずり込み、引きずり込まれ、
巻き込んで、巻き込まれていく、という状況に、
KANさんも、管弦楽団の皆さんも、バンドの皆さんも、
どのような気持ちで取り組まれたでしょうか。

現在のところ、録画された映像は資料用でしかなく、
DVD化は計画も予定もされていない、とのことでしたが、
そういうドキュメンタリーな部分がぜひとも見てみたいなと思いました。
欲をいうと、定位や音のバランスがしっかりした状態でCD化を希望します。
KIR限定でもよいので。
(ちなみに、現時点ではどうやら何かしら考えてくださっている様子です!)

音響的には多少、もったいないところはありました。
バンド側の音が大きすぎて、そこはもっとストリングスがバンっと
前に出てきてほしいところがあまり強調して聞こえなかったり、
「サーーー」っていう音がPAを通して聴こえてきたり。
あと、定位や音量のバランスをとるためだと思いますが、
生音も結構マイクをとおしてスピーカーから聞こえてきたので、
楽器本来の音質が変わって聴こえていたり。
いわゆる純粋な「クラシックコンサート」を期待して来られた方には
少し物足りないな部分もあったかもしれません。

きっと、終わった後ではいろいろ指摘できるかもしれないけれど、
間違いなく、あの瞬間は会場全体が大感動の渦だったのです。
その場では、上記のような感想を飲み込むほどの超越した何かが
客席を魅了していたからなのだと思います。
僕自身、上記のような感想を若干感じたとしても、
別に不満とかではなくて、すぐに次々と起こるアレンジの妙に唸り、
MCにより大爆笑を引き起こされて、忘れちゃうんですよね(笑)。
「いいよいいよもう、面白かったし感動したから、そんな細かいことは許すわ〜」
っていう気持ち。

KANさんは、常に静かにチャレンジングな方です。
昨年、ホスキモで「音楽フェスのやり方に一石を投じる」と言って
ものすごく新しいフェスのスタイルを提示しました。
今回は、「クラシックコンサートの新しいスタイル」を提示したのだと
思っています。
こういうのって、良くいうと「新しいスタイル」、悪くいうと「冒涜」って
言われちゃうんですけども、KANさんの場合、うまいこと
バランスをとって、「冒涜」にならないように工夫されています。

そして、その形は来年、再来年、いや、もっと先なのかもしれませんが、
さらなる進化を遂げて、クラシックでもロックでもない、
でも、とても楽しくて感動するコンサートを提供してくださるのだと
信じて期待して待っています。

その時は、間違いなく、KANさんは指揮者もやってるのでしょう。
「弾き語りばったり#13」のアンコールのMCで言ってたような、
素敵な演出も、「冒涜」にならないバランスでうまいこと取り入れるんでしょう(笑)。

いやはや、今からその時が楽しみです。
ほんと楽しみですよ。

今回のコンサートだって、最初からすごかったんですもの。
開演最初のいわゆるチューニングタイムをずっと続けている状況から、
チューニングがどんどん音量を増し、盛り上がってきたところで
まだチューニングやってるのに後ろでカースケさんがスティックで4カウントを始め、
「ダダンドドン、ダダンドドン、ダダドドン」と同時にチューニングがピタッと止まり、
そのまま次の瞬間にストリングスのイントロが始まって
バンドも含めてジャジャジャジャジャージャジャーン!と始まるんですから。
これを聴いて、「あ、今日のコンサートはこのスタイルなんだ」と。
期待がブリブリ高まった状態で本編に入らざるを得ない状況ですよ。

さて、コンサートの細かい中身も書いていきたいのですが、
時間が許さないので、まずはここまで。

今回のコンサートもいろいろ学んだこともあり、
楽しませてもらったこともあり、感動させてもらったこともあり。
すべてに対して感謝の気持ちでいっぱいです。
毎回同じようなことを書いていますが、いつもそう思うから書いているのです。
書かないと気が済まないというか。

拍手する手がいつもよりも痛かった。ていうか2本の手では足りなかった。
見所聞き所が多すぎて、目や耳が足りなかった。
KANさんだけ見て聴いてればよい弾き語りばったりとのギャップがハンパなくて、
嬉しい悲鳴でした。感動しっぱなしでなんもメモってないし(笑) 。

本当にありがとうございました。

そして、今回、一緒にチケットを購入させていただいた皆様、
現地でご挨拶できた初めての皆様、久しぶりの皆様、いつもの皆様(笑)、
勇気を振り絞って声を掛けてくださった方がいらっしゃったのもうれしかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。


演奏曲目&衣装
=衣装=

・燕尾服(本人いわく「コンビニに行くときの普段着」)


=演奏曲目=

<前半>
01. まゆみ
02. キリギリス
03. 香港SAYONARA
04. 月海

【世界の国歌】
05. ロシア国歌
06. イスラエル国歌
07. タジキスタン国歌
08. イメージ国歌(作曲:KAN)

09. 海のチンゴゴ

<後半>
【組曲『夢の花 大連幻視行』】
10. 貴和子のテーマ
11. 愛子のテーマ
12. 工場と住宅地
13. 夢の花 大連幻視行

14. Au Revoir Paris
15. 愛は勝つ
16. 小学3年生

<アンコール>
17. 世界でいちばん好きな人

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.