Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

もうそんなになるんですね〜。

妻と15:00ちょうどに入籍してから丸10年が経ちました。
そして、KANさんの49歳誕生日。つまりイコール、2歳年上にあたる
キーボード矢代恒彦さんの51歳誕生日です。
全部まとめておめでとうございます!
妻&息子&KANさんには毎年この日はより一層感謝して過ごすのです。

10周年の結婚記念日といえば、
普通なら、スイートテンダイヤモンドとか贈るのでしょうけれども・・・
すみません、うちは2人とも全然宝石・アクセサリー類に強いこだわりがないもので。

そもそも昨年は夜勤に行く途中の新幹線車中で入籍時刻の15:00を迎えていたことから、
今年は、この時刻に家族と居られることだけでも、幸せに思うのです。
ただし、ちょうど15:00は、マクドナルドで月見バーガーを食べてましたが(笑)。
それも含めて、我が家らしいんですけれども。

しかし、あまり記念日に盛大なお祝い!とかやらない我々でも
「10周年」という節目なわけですから、なにかしら残しておきたい。
でも、何にしようかな、と悩んでいるうちに記念日前日である9月23日に。
この日は、息子たっくんからの指令で
「大きいセブンイレブン(=イトーヨーカドーの入ってるアリオ深谷のこと)行く!」と。
ミッションに従って深谷に行って帰ってくる途中のことです。

電車好きなたっくんのために、深谷から熊谷に帰るときは、
高崎線のすぐ横の道を通って帰ってくるのですが、17時過ぎのこと。
一人、撮り鉄くんが三脚を立ててカメラを準備して何かを待ってたんですね。

撮り鉄とまでは行きませんが、結構電車の写真は撮り溜まってきている私。
多少は気にしつつも、特に車を停めることもせず、ゆっくり走り続けました。
すると次の瞬間、上野方面から下ってくる機関車に牽引されて、
あの寝台特急カシオペアがこちらに向かってくるではありませんか・・・!

「寝台特急カシオペア」と言えば、
我々がちょうど10年前の11月、新婚旅行で北海道から戻ってくるときに乗った
ゆかりの深い列車です。
ただ、高崎線を走るなんてことは普通ありえなくて、非常に不思議でした。
これはいったいどういうことなのか、調べたり調べてもらったりしてみたところ、

どうやら先日の台風15号の影響で、
東北本線の一部に不通区間が残り、
通常なら
東北本線・いわて銀河鉄道線・青い森鉄道線・津軽海峡線・函館本線・室蘭本線・千歳線・函館本線
を通るところを、
高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線
ルートで迂回して運行していたそうです。

さらに、9月24日も、引き続き東北本線不通区間が残るかもしれない、とのことで、
その場合、札幌を9月24日に出発するカシオペアが、翌9月25日の午前中に
熊谷駅をもう一度通過することになります。
「よし、このカシオペアを、熊谷駅と自分たちも一緒にビデオ&写真に収めよう!」
と心に決めたのは9月23日の夜のことでした。

翌日9月24日朝、やはり東北本線不通区間が残ることが判明。
25日午前に熊谷駅を通過するところにターゲットを置いて作戦決行。
台風の被害に遭われた皆様には大変申し訳ないことは重々承知なのですが、
そういうことも含めて、このカシオペアは記憶と記録に残しておきたい、と、
より強く感じることになりました。

さっき、1年前の日記を振りかぶってみると、
結婚丸9年のときのコメント欄に、


そしてしっかり来年の私に向けても
間接的プレッシャーがかかりましたので(笑)
1年かけてダイヤを準備したいと思います。

どの路線のダイヤグラムがいいですか?>ぞうちゃん


と書いている私は、何かを予知していたんでしょうか?(笑)
結果的に、「自分たちの新婚旅行で乗った列車との再会」が
10周年記念となるわけですから、不思議なものです。

当日は朝からtwitter上で通過駅と通過時刻を確認しながら、
「第六中仙道踏切」でスタンバイ。
そして、午前11時02分、無事、熊谷駅を通過する寝台特急カシオペアと
再会することができました。
しかも、牽引するのは通常EF510形であるところが、
上越線や奥羽本線で対応できないということでEF64形が牽引するという
珍しい編成でした。

フル動画は顔見知りの家族・友人までの公開としますが、
自分たちの顔が映っていない範囲でYouTubeとフォト蔵にアップしました。
以下に張り付けておきます。




JR高崎線・熊谷駅を通過する寝台特急カシオペア(その1:牽引するのはEF64)
JR高崎線・熊谷駅を通過する寝台特急カシオペア(その1:牽引するのはEF64) posted by (C)SEI

JR高崎線・熊谷駅を通過する寝台特急カシオペア(その2:豪華な客車群))
JR高崎線・熊谷駅を通過する寝台特急カシオペア(その2:豪華な客車群)) posted by (C)SEI

JR高崎線・熊谷駅を通過する寝台特急カシオペア(その3:最後尾はカシオペアスイート(展望室))
JR高崎線・熊谷駅を通過する寝台特急カシオペア(その3:最後尾はカシオペアスイート(展望室)) posted by (C)SEI

ちなみに、10周年記念は一般的に「アルミ婚」「錫(すず)婚」と言われます。
(僕も最近知りました・・・お恥ずかしい話)

列車と結婚記念日の両方に詳しい方なら、
「上記のようなイベントは11周年にすべきだろう!」
というお叱りを受けるかもしれません。
なぜなら、寝台特急カシオペアのボディはステンレスでできており、
「ステンレス婚」は結婚11周年のことを指すからです。

でも、まあ、良いではないですか。
アルミ色のボディってことで、大目に見てくださいな(笑)。

ちなみに余談ですが、9月25日は16時20分に上野発のカシオペアが
同じく迂回ルートになるため、夕方17時10分頃にも熊谷駅を通過。
自宅から動画に収めるミッションをクリアしました。
(これはさすがにアップできませんけれども)

というわけで、家族のみなさん、
これから1年も引き続き、どうぞよろしくお願いします。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.