Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

Zepp Osakaが移転するというニュースが初めて出たのは
もうずいぶん前のことだったような気がします。

そんな現在の場所(大阪南港)のZepp OsakaでKANさんを見るのは、
おそらく最後になるのだと思われます。

今日は、多忙を極める中、
結構半ば強引に仕事のしわ寄せを前後にもたらしながら、
「ある意味・逆に・ある反面」大阪公演2日目に行って来ました。
私にとっての初日となります。

ライブ感想とライブレポートは別物である、と勝手に定義しておりますが、
今日書くのはレポートではなく、感想ですので悪しからず。

CMのあとで、大量の改行を挟んで、
若干のネタバレを含むライブ感想を
書いていきたいと思います。

続きを読む "<KAN>「ある意味・逆に・ある反面」大阪公演2日目感想(ネタバレは改行のあとで)"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!



















































KANさんのデビュー25周年目ってことで
「改行25連発」をお届けしました。

さて、KANさんのバンドライブツアーは
毎回ネタバレの記事やツイートを見ずに
初々しい気持ちで臨むことにしていますが、
今回はまさにそうして良かったと思える公演でした。

『ある意味・逆に・ある反面』。いや、
大阪公演2日目は終演後の影アナさんがいうニセタイトルは
『ある意味・逆に・アルハンゲリスク』でしたが(笑)、
全編隙なく押し寄せる衝撃波に対して、
我々はただただ、
笑い、涙を流し、驚き、ひれ伏し、
相づちを打ち、唸り、首を傾げ、歌い、
興奮し、目を見張り、二度見し、懐かしみ、
賞賛し、手を打ち、指を差し、納得し、
(順不同、抜け漏れあり(笑))
最終的には「あー、楽しかった!」という
感想に尽きる、なんとも筆舌に尽くし難い、
素晴らしいライブでした。

KANさんが本編のMCでもおっしゃってましたが、
EXILEからの流れで(笑)初めて参加するお客さんにも、
これまでずっと応援し続けているお客さんにも、
退屈なく納得度の高い、かつ、KANさんや
バンドメンバーの皆さん自身が演ってて楽しい、
そんなステージを作り上げるという、
果てしなく気を遣うハードルの高いプロジェクトを、
見た目やかわブロには苦労している様子を
見せることなく、圧倒的な短期間で
作り上げてやりきってしまうわけですから、
いろんな意味で【このアーティストに付いてきて良かった】と、
改めて感じざるを得ないわけです。
これから先も付いて行かざるを得ません(笑)。
このハードルは年々高くなってくるんですから、
というより、公演後の逆反省会で
友人が言っていた言葉を借りれば、
むしろ、期待する私達ファンや、
それに応えるKANさんや、
そんな無理難題に付いてくるバンドメンバー自身が
他の責任でもなんでもなく高くしちゃってるんですから、
ある意味・逆に・ある反面、
しょうがないわけですけれども(笑)

まず、選曲がものすごかったです。
全アルバムから最低1曲は選ぶという、
大変な条件を設定し、シングルは10曲、
『愛は勝つ』がヒットする前の曲は5曲、
逆に、渡仏後の曲は3曲、特に、
最新アルバムからは1曲のみ、という
新旧バランス良く練りに練られたもので、
曲のイントロも一見そうとわからないアレンジに
なっていたりして、曲が判ると唸る、
そんな連続でした。

特に、これまではライブアレンジと称した
寸劇(←こう書くと怒られるんですけどその他の言葉で表現できん(笑))
なしで語ることができない『NO-NO-YESMAN』を
敢えて一曲目に入れてノーマルに演奏したのには
圧巻でした。(ただし衣装はノーマルではない)

あと、かつてのダンスナンバーを
これも敢えて踊らずピアノ弾きながら歌ってみたり。

確かにファンの間ではこれらのような、
ビジュアル的にも音楽的にも印象的な楽曲は、
ライブでの再演を望む声が多かったです。
実は95年からライブを見ている私も
『NO-NO〜』を生で観たことなかったので、
念願の一つが叶いましたし。

でもやはり当時と同じように寸劇したり
ダンスするにはメンバーが足りないわけです。
つまり当時と同じような形には復活できない。
そこで、当時を知る人たちを、当時以外の形で
演奏することに対して納得させつつ、
初めての人にも印象的に演奏するための工夫が
ふんだんに(でも多分自然な流れとして)
アレンジメントや視覚的な動きに
取り込まれていたのです。

今回の衣装は超ギンギラロックな感じで、
いつ頃の誰をモチーフにしたのか、
あまり適切に言い表せないのですが、
この衣装こそが、これまでの『NO-NO-YESMAN』を
リセットして新しいイメージで演奏する役割を
持っているのかもしれないな、と思っています。

そういう意味では『死ぬまで君を離さない』も、
KANさんには珍しい、ピアノ弾かないで直立系楽曲なので、
このギンギラロック衣装でウォウウォウと
歌い上げることで、今までの色と変えて
真面目になりすぎないように
という意味合いがあったのかもしれません。
ところどころ身振りに適度なおふざけが
入っていましたが(笑)

また、『甘海老』『青春国道202』は
共に今回は踊らないダンスナンバー。
『甘海老』は疾走感のあるシンセやオルガンは
さらにかっこよく唸らせて、
四分音符を連打する部分を、さらに強調して
毎回キメ方を変えるなど。
『青春国道202』はピアノを弾きながら
スタンドマイクで歌う部分と、
ピアノから離れてハンドマイクで歌う部分を、
歌いながら移動しシームレスに切り替える
視覚的なパフォーマンスを取り入れるなど。
(かつて『Superfaker』で見て以来、
僕自身好きなパフォーマンスの一つです)

その他にも、これまでに演奏されたときと
同じアレンジや演出で完全に使い回した楽曲は
僕の手もとのメモを見る限り、
ほとんどありませんでした。

もちろん定番の【男子女子】から『よければ一緒に』の
流れも健在だし、
新曲『Listen to the Music』も演奏されました。
サックスソロはやはり矢代さんのキーボード演奏。
サックスは宙吊りになって降りてきましたけど(笑)

そういえば、『RED FLAG』は、
これまでスタンドマイクを使って最初から
似非ギターありきの演奏だったのに
前半はギターを担がずに
ハンドマイクを使うことで、
新しい身振りができててそれがまた面白かったですし。

あと、アンコール最初に演奏されたビートルズのカバー
『Eleanor Rigby』は、バイオリン五重奏がたどたどしい
ことから、大阪公演ではかなり笑いが起きていましたが、
これは回を重ねるごとに上手くなって、
追加公演あたりではむしろ素晴らしい演奏で
笑いなんて起きない、ってこともあるし、
上手くなっても最後まで敢えて
たどたどしさを残す可能性だってありますから、
東京追加公演で聴くのがとても楽しみです(笑)

でもなにより今回も目玉は
『適齢期 LOVE STORY』内の全曲つなげでしょう。
『史上最高級の全曲つなげ』といっても
過言の滝でも華厳の滝廉太郎でもなかったです。

いわゆる【やってない曲】として演奏されたのは
ツアー開催発表当初からの想像通りのAKB48でしたが、
そんなファンの想像はKANさんは
当然余裕で逆想像していて、
さらにその想像の斜め上に直線を引いて
さらにねじれの位置に直線を引いた感じで答えを出すんです。

NO-NO-YESMANの【NO!】で始まり、
AKB48『会いたかった』の【YES!】を挟み、
NO-NO-YESMANの【NO!】で終わるまで、
息付けなくて、最後は笑い続けて
涙が止まりませんでした(笑)
ここまで完成していると、
今回の「各アルバムから最低1曲は選ぶ」という演奏曲目や
強かにオーディエンスを飽きさせない演奏順序は、
ある意味・逆に・ある反面、すべて
この5分間のために用意されていたんじゃないか、
と勘ぐってしまうほどです(笑)
ほんとは逆の筈なんですけども。

まさか、いつぞや練習中だと言っていた
平井堅さんの渾身の成り切りモノマネまで
今回のツアーで登場するとは(笑)
音楽的には確かに前段の転調から
その予兆が感じられ、
如何にもな平井堅的メロディにのせ、
「おしりぃーいーぃー♪」と
あの発声とあの上下させる手振り。
説明されなくても平井堅さんだと分かります。
しかも、平井堅さんの絞り出すような『お』を
緻密に研究し、なおかつ、
それまで別の声色で歌ってたのにあの1小節に
失敗せずにぶつけることができるのが凄い(笑)。

おっぱいとおしりが交互に繰り返される
最後のオチに使われた堅さん。
たぶん東京公演でこの演奏を聴くのでしょう(勝手に決めるな)。
どんな反応するのか楽しみだなあ。
DVD出るだろうからオーディオコメンタリーに
出演してもらってお話聴きたいよ(笑)

と、このような浅めの紹介だけでも
書きたいことはたくさんあるものですから、
いずれちゃんとまとめて書き上げたいと思います。
とはいえ、最近ちっとも約束が守れていませんので、
期待せずお待ちください。。。

結論としては、こんなに大変なアイデアの塊を、
あまり表でアピールせずに紳士的なさり気なさで。
でもちゃんと悉く確実に実現し、
しっかり目論見が成功していってるサマに、
【このアーティストに付いてきて良かった】と
なるわけです。
表現は音楽的な形で行われているんですけど、
源流にある仕事に対する意気込みや姿勢は、
人間として見習うところだらけなのです。

またいずれ、一曲一曲、お気に入りポイントや
印象的に感じたポイントを記録しますが、
ざっくり限られた時間で書くと、
そんな感じでした。

全編DVD化は皆の願いですよね、これは。
いや、むしろブルーレイでも出してください(笑)

あと、グッズのうちの一つが、おもしろいんですよ、今回。
その名も『おてろやん』。
黒と白のいわゆるオ○ロの白い面にだけ
平仮名が書いてあって、ひっくり返したり
ひっくり返されたりするプロセスで
センスのイイことばを作り上げる、という
何が勝ちなのか負けなのか、
よくわからなくなりそうな秀逸なルールです。

会場ロビーではスタッフの方が実演対戦してました(笑)
見掛けたらそばでこっそり応援してあげましょう。

素数トランプと共に、
来年のお正月のおコタのお供にむけ、
じんわり界隈で流行らせてみたくなるゲームです(笑)

とにかく、筆舌に尽くし難くて、
こんな尻切れな終わり方ですが、
取り急ぎの感想でした。
最後に、演奏曲目を発表されたアルバムと共に記録しておきます。

そういえば、僕が見る限り、この選曲のおかげか、
過去の作品をリマスタリングしてリリースした
アルバムの数々が結構売れてるように感じました。

最後になりますが、
いつもいつも楽しいひとときを提供してくださる
KANさんとバンドメンバーの皆様、スタッフの皆様、
そして一緒に楽しませていただいたお客さん、
ご挨拶させていただいたお尻愛(??)のみなさま、
逆反省会で楽しく振りかぶった友人のみなさま、
怒涛の3日間を過ごさせてもらった実家のみなさま、
大阪を1日早く発ち、自宅に帰って留守番してくれた妻と息子、
大変感謝しています。ありがとうございました。


01. NO-NO-YESMAN ('87『NO-NO-YESMAN』)
02. こっぱみじかい恋 ('92『めずらしい人生』)
03. 甘海老 ('93『弱い男の固い意志』)
04. 死ぬまで君を離さない ('93『TOKYOMAN』)
05. REGRETS ('89『HAPPY TITLE -幸福選手権-』)
06. STYLISTIC ('87『NO-NO-YESMAN』)
07. 愛は勝つ ('90『野球選手が夢だった』)
08. 青春国道202 ('90『野球選手が夢だった』)
09. RED FLAG (一般道路速度超過) ('06『遥かなるまわり道の向こうで』)
10. アルハンブラの思い出(Recuerdos de la Alhambra) (フランシスコ・タレガ)←ギター五重奏
11. プロポーズ ('91『ゆっくり風呂につかりたい』)
12. セルロイドシティも日が暮れて ('87『テレビの中に』)
13. 小羊 ('01『Gleam & Squeeze』)
14. まゆみ ('93『TOKYOMAN』)
15. よければ一緒に ('10『カンチガイもハナハダしい私の人生』)
16. Listen to the Music ('11(最新曲))
17. 丸いお尻が許せない ('93『TOKYOMAN』)
18. Sunshine of my heart ('94『東雲』)
19. Oxanne〜愛しのオクサーヌ〜 ('98『TIGERSONGWRITER』)
20. 紅のうた ('99『KREMLINMAN』)

<アンコール>
21. Eleanor Rigby (The Beatles)←バイオリン五重奏しながら
22. 適齢期 LOVE STORY 2012〜全曲つなげ ('88『GIRL TO LOVE』)
23. 今度君に会ったら ('96『MAN』)

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.