Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

もともとは面接して選ばれた人が専用のトピックにしか
情報共有することができなかった「ONETOPI」
私もとあるご縁があって長い間「KAN」トピックのキュレーターを
させていただいていましたが、
この仕組みを一部残しつつも、2012年11月から、
サイトリニューアルに伴い、利用方法や参加方法が変わっています。


ONETOPIは、情報をトピックごとに分類して保存・共有するサービスです。 気に入った記事・コンテンツについて、コメント・引用をつけながらブックマークし、友達や同じ興味のある人と情報を共有できます。


つまり誰でも参加でき、どんなトピックについても
情報共有できるようになったというわけです。
そうです、私以外の方が「KAN」トピックに投稿することも当然可能です。
参加するには、SNSサービス「Twitter」「Facebook」「Google+」の
いずれかのアカウントがあればOKです。

使用するアカウントが「Twitter」「Facebook」の場合、
それぞれのフィードに情報共有内容を流すことも設定により可能です。

・・・と書くと、必ず情報共有するようなコンテンツを探して
投稿しないと、このサービスを使えないのでは?と思われますが、
実際はそんなことはありません。

もちろん、サイトの趣旨どおりに
自分の興味のある記事をキュレーションすることや
それに対してリキュレーションやスターをもらえることにより、
ポイントを貯めて奨励金をもらうことを目標にすることも良いと思いますが、
一方で、あくまで個人的な情報蓄積ツールとして、
スターを付けることで自分の気に入った情報を溜め込むことも可能ですし、
気に入った投稿者やトピック単位でフォローすることで、
自分のダッシュボード上に自分の興味のある分野の投稿だけを
厳選して垂れ流し、情報収集の手間を省くことも可能です。

いわゆるまとめサイトがあれこれありますが、
まとめ作業をしないと公開できない、というプレッシャーもあり、
そういう手間が不要で気楽に情報共有できるという意味でも
お手軽だと思います。

いろんなことは上記のヘルプでも確認いただけますし、
以下で紹介する記事でも追ってもらえればと思います。

・・・と、ここまで一生懸命ONETOPIのことを書いておきながら、
紹介するのはNAVERまとめへのリンク(笑)

▼「まとめ」のように小遣い稼ぎがしたくなるウェブサービス「ONETOPI」とは
http://matome.naver.jp/odai/2135402138726130201

そして、もし参加されたのであれば、
私や「KAN」トピックをフォローしてもらえると幸いです。

▼ユーザ「SEI」
http://1topi.jp/curator/sei

▼トピック「KAN」
http://1topi.jp/topic/KAN

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.