Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

久しぶりに『KANのロックボンソワ』でリクエストを読んでいただきました。
しかも、前回に続き、スキマスイッチのお二人の楽曲です。


【ロックボンソワ】第453回『K・ミスチル・スキマスイッチ』
http://www.stv.ne.jp/radio/kan/OAmusic/search?idno=20130711193326

(ここから引用)

M4. トラベラーズ・ハイ / スキマスイッチ < 2013.06.19
前回の私のツアー【弾き語りばったり #17 もしもヒアノがぴけたなら】のタイトルを決める“ユー・アー・ザ・タイトリスト”で、見事に特別審査委員賞を受賞し、私の自腹でスキマスイッチのファンクラブに入会したボンソワネーム“SEI”さん。その後、いわゆる「隙間にハマって身体が抜けない状態」になり、ためらいなく会員期限をスカーッと更新し、今秋のツアーにも会員先行予約でスカーッと当選したということで、ニューシングル『スカーレット』にリクエストをいただきましたが、ならば、ここは逆に、カッペリングのほうをかけてみたいと思うのが私と言う人間だったりします。この曲はそのツアーのために書いた曲だそうで、その歌詞の一部分に、全都道府県を回るツアー各会場でお客さんから地名を選んでもらって当てはめて歌っていたそうです。ちなみに私が観せていただいた稚内公演は「宗谷岬が見える♪」でした。

(ここまで引用)


このメールを出したときには、当然まだ
7/31発売のほうのさらなるニューシングル『Hello Especially』のMVに
KANさんがちょろっとオモシロ出演している

なんてことは知りもしませんでしたから、
単にスキマスイッチファンクラブ会員期限を更新した報告だけをするための
さらっとしたメールのつもりだったんですが、
結果的にこれにより、あのスキマスイッチの
昨年から今年にかけてのツアー"DOUBLES ALL JAPAN"で
演奏された数々の楽曲の中で、最も盛り上がった部分のひとつである
「トラベラーズ・ハイ」の説明をちゃんとしていただけた上で、
カッペリングであるにも関わらず、「トラベラーズ・ハイ」の方を
オンエアしてくださったわけですから、
さらっとした割には少しでも有意義なメールになってよかったなあ、と
感謝しております。

この全都道府県ごとに異なる歌詞の一部分というのは
「輝く虹が見える」の部分なのですが、
私が参加した群馬公演では、「赤城山が見える♪」でした。
その他には「群馬県庁」とか「ららん藤岡」とか、
面白いのがいっぱいありましたね。

全国各地の結果もリンクしておきます、ドン。

スキマスイッチ「DAJ」テーマソング47都道府県まとめ - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2136539219375126401


スカーレット
スカーレット
  • アーチスト: スキマスイッチ
  • 発売元: アリオラジャパン
  • 発売日: 2013/06/19


ちなみに、そのあと、【どうなんですか、木村さん】のコーナーで、
「今年中のアルバム発売を諦めたKANさん」と
キムデレさんにいじめられていましたが(笑)、
進捗状況はどうであれ、事実ベースだけの話をすると、
6月、7月はかなりの割合で、作品作りに時間を割いておられます。

それを示すために、こんなカレンダーを作ってみました。

かんれんだー
https://www.google.com/calendar/embed?src=2a69bsoc65m8qji7g8pict4ufg%40group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo

このカレンダーは、
KANさんのもうひとつの姿である「かんしゃん」のかわいいブログから、
6月から7月にかけての仕事に関係ある部分だけを抽出して
スケジュール登録してみたものです。

すると、6月は1ヶ月の3分の1程度、
7月に至っては、今日までで1ヶ月の2分の1程度を
「コンポージン(作曲)」または「デモツクリン(デモ音源制作)」に
費やしています。

これからイベント出演やその準備の時期が重なってくるので
また停滞するのかもしれませんが、
まだ、今年中のアルバム発売は、完全になくなったわけではないですよ・・・
といいつつ、私的には、KANさんがしっかり納得のいく作品を発表されることに
重きを置いているだろうし、そうあっていただきたいため、
今年中のアルバム発売は諦めていたりしますが・・・。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.