Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

さて、3月31日(火)は平日なんですけれども、
年休をいただきまして、埼玉県熊谷会館で
行われた
『「困るぜ!熊谷」〜さようなら、熊谷会館〜』
を、夫婦で観に行ってまいりました。
(息子はおばあちゃんと別行動していただきました。ありがとうございます)

いやはや、熊谷に移り住んでから、
ずっとこの会館にはお世話になりました。
特に、息子も妻も、ステージに何度となく上がっていますので、
いろんな意味で感慨深いひとときでした。
熊谷会館の皆さんには感謝の念でいっぱいです。
本当に、お疲れ様でした、そして、ありがとうございました。

昨年の同じ時期に、息子がエレクトーンの個人レッスンを
始めた、という話を書きましたが、
6歳になり、卒園した息子は、初のグレード試験を経験しました。
結果はまだ出ていませんが、さすがに緊張してたそうです。

そしていよいよもうすぐ小学1年生。
どんな日々が待っているのやら。親子ともども期待と不安で胸おっぱいです。

さて、そんなわけで、毎年恒例
誰も注目していないArchitect of Musicのエイプリルフールのタネアカシ。
今年はタイムリーに3月31日の熊谷会館最終日に
スタレビの皆さん、馬場俊英さんをはじめ、いろんなアーティストの方々が
集結するライブイベントを幸いにも観に行けたので、
それをネタに使わせていただきました。

<ウソ>2OI9年4月I曰、態谷会館復活決定!: Architect of Music
http://sei.lovely.to/blog/006410.html

以前、大阪のFM COCOLOでKANさんが要さんから
このイベントに参加しないかと誘われたときに、
「クマガヤン」という曲を作ってるんですよ、って冗談でおっしゃっていたので、
そっちのネタでも良かったんですが、
やっぱり、ここは、2015年3月31日で閉館してしまった
熊谷会館の復活をいつか実現して欲しいという想いを込めて。

「クマガヤン」、KANさんが本当に作ったらどんな曲になるのか、
聴いてみたい気もしなくはないですが(笑)。
ちなみに、MCでKANさんの名前はちょろっと登場しました。

実際のところ、先ほどのウソエントリーにおいて、
「態谷会館復活決定発表」以外は、
ほとんど現実の内容に即しています。
正しい内容にすると、以下の通りです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この日ライブに参加した
スターダスト☆レビュー、馬場俊英さんの他、
熊谷にゆかりのあるアーティストが勢ぞろい。
楽曲によっては歌詞や掛け声に「熊谷」を入れてみたり、
熊谷にまつわる自身の楽曲を演奏したり。

トークショーさながらの長いMCの合間には、
各アーティストが持ち寄った写真で当時のエピソードを振り返りました。

終盤はブラザー・トムさんの発案で
「と・つ・ぜ・んFall In Love」の恒例客席ダンスタイムに
熊谷名物・直実節を採り入れたり(笑)。
とにかく大盛り上がりの末、いったん幕が下り、時を置いて
アンコールの幕が開いたその場所には、なんと、かつて
この熊谷会館でシングル「雨やどり」を収録し、ヒットさせたことで有名な
さだまさしさんがスペシャルシークレットゲストとして登場!
その瞬間、会場内は大歓声に包まれました。

なんと、神宮球湯での始球式を終えたその足で
熊谷会館に駆けつけてくれたそうです。
それだけ、熊谷会館への想いが強かったことと思います。
私なんてまだ熊谷市民になってまだ10年余り。
それでも大変感激しましたから、
長年の熊谷市民の方には大感動だったことでしょう。

最後の最後の最後には、
スタレビの「今夜だけきっと」を全員で会場内で大合唱してお別れ。

「今夜だけきっと 悲しいの
 明日になれば 忘れられるのに
 ため息ひとつ 手のひらに
 そっとこぼれて 星になった」

この歌詞が、熊谷会館の壁に天井に沁みこんでいく様は、
大変切なくて涙腺に響くのでした。

ラストは、公開写真撮影会。
会場のすべての人が、この熊谷会館に別れを惜しむように
スマホのシャッターを押し続けるのでした。

私もパチリ。

熊谷会館の終焉を惜しみつつ写真撮影会
熊谷会館の終焉を惜しみつつ写真撮影会 posted by (C)SEI

また、この場所で、皆が集まって楽しめる日が来ることを、
こころから願っています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

最後に、例年通りですが、これまでのエイプリルフールネタを並べておきます。
間に何回か見送った年がありながら、それでももう9作品目です。
今後とも、「Architect of Music」を、どうかよろしくお願いします。


【2005年4月1日】
ただいまサイト停電中。
http://sei.lovely.to/blog/002994.html

停電したArchitect of Music
http://sei.lovely.to/blog/002995.html

【2006年4月1日】
▼余力がなくて実施なし。

【2007年4月1日】
KANさんがバンド結成!?
http://sei.lovely.to/blog/003840.html

エイプリルフール2007
http://sei.lovely.to/blog/003839.html

【2008年4月1日】
日本色彩協議会のアドバイスを受け、サイトをリニューアル
http://sei.lovely.to/blog/004430.html

エイプリルフール2008
http://sei.lovely.to/blog/004436.html

【2009年4月1日】
O9/O6/2O【LIVE】|<AN THE C0NCERT 2OO9『WBC〜何の略かはわからない〜』
http://sei.lovely.to/blog/005124.html

エイプリルフール2009
http://sei.lovely.to/blog/005127.html

【2010年4月1日】
|<ANさんが、ついにtvvitterを・・・!
http://sei.lovely.to/blog/005673.html

エイプリルフール2010
http://sei.lovely.to/blog/005674.html

【2011年4月1日】
▼実施なし。

【2012年4月1日】
「Λrch!tect of Mus!c」運営終了のお知らせ
http://sei.lovely.to/blog/006305.html

エイプリルフール2012
http://sei.lovely.to/blog/006306.html

【2013年4月1日】
スマホ非対応ブログ運営禁止規定・・・旧仕様のブログは月内完全淘汰へ
http://sei.lovely.to/blog/006323.html

エイプリルフール2013
http://sei.lovely.to/blog/006324.html

【2014年4月1日】
<ウソ>I4/O6/I2-O7/I7【LIVE】$EI LIVE TOUR 2OI4『弾き残しばっかり#I〜ゆっくり風呂で歌いたい〜』
http://sei.lovely.to/blog/006386.html

<本当>14/06/12【LIVE】四谷天窓.comfort『613な前夜祭・和日和vol.1〜カンナオトぢゃないよKANナイトだよ〜』出演
http://sei.lovely.to/blog/006385.html

エイプリルフール2014
http://sei.lovely.to/blog/006390.html

【2015年4月1日】
<ウソ>2OI9年4月I曰、態谷会館復活決定!: Architect of Music
http://sei.lovely.to/blog/006410.html

エイプリルフール2015
http://sei.lovely.to/blog/006411.html

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.