Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

たぶん、きっと、ファンが触れてはいけない領域だと思うんですよね。そこは。

でもですね。

一般的なアーティストからすると、アルバムCDのドキュメンタリーDVDこそ、
ファンが触れてはいけない領域を見せてるのではないかと思うんですけれども、
KANさんの場合は、きっと逆なんですよね。

いや、ちょっと違うな。逆、というよりは、アルバムCDのドキュメンタリーDVDの方が、
触れても大丈夫な領域が相対的に多いだけなのかもしれません。

もちろん、あれもこれもあくまで個人の感想です。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.