Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

2010年11月 4日

勝利を呼ぶ男への第一歩

実は黙っていましたが、 昨日磐田GK川口に 最後のPKを見事止めさせた影の功労者は、 この1歳11ヶ月児です。(親バカ) http://photozou.jp/photo/show/1889/55537508 posted by (C)SEI 2010ヤマザキナビスコカップ決勝。 昨日国立競技場で行われた ジュビロ磐田 vs サンフレッチェ広島 を、たっくん含めて家族3人で観戦。 ジュビサポ仲間の友人とも現地で ご挨拶したりお土産交換やたっくんへの 早めの誕生日プレゼントをいただいたり。 ありがとうございましたm(_ _)m 試合の中身はとにかく歴史に残る名勝負。 前半船谷の先制でホッとしたのもつかの間、 前半ロスタイムに追いつかれ、1-1で折り返し。 後半...

2009年12月10日

赤星兄さん

なんとなく、「兄さん」というカタガキを つけてしまいたくなります。 昨年だったか、「探偵!ナイトスクープ」の依頼で セーフティーバントを成功させたい少年に 丁寧親切にアドバイスしている彼の姿に、 めちゃくちゃ好感を持ったためです。 それだけじゃなく、 ヒーローインタビューとかを見てても 野球選手としては小柄だけど、頼りになる 面倒見のいい兄さん。そんな感じで見ていました。 いや、「見ていました」といいつつ、 かなり長い間、阪神タイガースファンとは 思えないくらい、 ちゃんと追いきれていなかったかも。 でも、そんなブランクがあっても、 赤星選手の引退の文字をみたら、 その駿足、ジャンプ、小回り、粘り強さ。 いろんな場面を思い出すことができました。 阪神が優勝か...

2009年8月16日

泣き声は縁起の良さのバロメータ

先日からたっくんの初プールの話を書くって 何度も引っ張っておきながら、またもや別のお話です。 なにしろ今日はたっくんにとって記念すべき 「ジュビロ磐田初観戦」だったのです。 しかも、ちょうど生後9ヶ月になりました。 今シーズンのジュビロの日程が決まってから、 この熊谷スポーツ文化公園・大宮アルディージャ戦は 是非たっくんと見に行きたい、と思っていました。 まだ生後9ヶ月なので、そんな遠出できませんので、 熊谷にジュビロが来るなら 観戦しないわけにはいきません。 幸い、今日は雨も降らず、 気温的にも夕方には涼しい風が吹いて 心地よい観戦コンディションになりました。 よかったよかった。 当初勝手に19時キックオフとばかり勘違いしていて、 のんびり準備していたので...

2008年7月12日

【2008・J1・第16節】大宮アルディージャ1-2ジュビロ磐田

今日はKANさんの「弾き語りばったり#7 〜ウルトラタブン〜」の東京公演1日目。でも、僕は今日ではなく、明日参加ですので、そのへんのレポートはありません(新潟公演もまだ書ききれていませんし^^;)。 今年は妻の妊娠により、ジュビロ磐田のJ1レギュラーシーズンはまだ1度も観戦したことがなかった(ナビスコを1戦のみ)のですが、今日は夏の暑さが大変とはいえ、ナイトゲームですし、本人も安定期に入り、観戦は特に問題なくできそうだということから、今年初のJ1観戦となりました。 Jリーグ公式サイト:試合速報【e】http://www.j-league.or.jp/live/2008/j1/071204.html?r20080712232503 2008Jリーグ ディビジョ...

2008年3月20日

【2008・JナビスコC・第1節】東京ヴェルディ0-2ジュビロ磐田

今シーズンのジュビロ磐田観戦記録は、ナビスコカップからスタート。そして、見事勝利しました。しかし、寒かった! Jリーグ公式記録【e】公式記録 2008Jリーグヤマザキナビスコカップ/Bグループ 第1節 【2008・JナビスコC・第1節】東京ヴェルディ0-2ジュビロ磐田 【得点】 54' 西 紀寛(磐田) 76' 萬代 宏樹(磐田) 2008/03/20 15:00キックオフ 味の素スタジアム 【入場者数】5,660人【天候】雨 8.3℃ 88% 【主審】吉田 寿光【副審】平野 伸一/佐藤 秀明 それまで暖かい日が続いていたのが嘘のような気温と、私の雨男っぷりを見せつけるような冷たく止まない雨。気温なんてまさかの8度。クリーニングに出そうと思っていたダ...

2007年12月 1日

【2007・J1・第34節】ジュビロ磐田4-0柏レイソル

実に気持ち良い今シーズン最終戦でした!! Jリーグ公式サイト:試合速報【e】 開催日時/2007年12月1日(土)14:34キックオフ 開催会場/ヤマハスタジアム(磐田) 【2007・J1・第34節】ジュビロ磐田4-0柏レイソル 天候/晴 15.0℃ 41% 入場者数/13,923人 主審/穴沢 努 副審/安元 利充/中原 美智雄 得点/ 40分 前田 遼一(磐田) 46分 林 丈統(磐田) 61分 上田 康太(磐田) 75分 犬塚 友輔(磐田) 先週の悲惨な試合がうそのように、歯車が目に見えるような噛み合い方をしてました。相手のサイドも甘めでどんどん駆け上がってたし、ワンツーなどの基本的なプレイもさせてもらえてたし。細かいミスはあるけど、そのあとでリカバ...

2007年11月24日

【2007・J1・第33節】大分トリニータ1-0ジュビロ磐田

風邪もぶり返すなんという極寒試合。 Jリーグ公式サイト:試合速報【e】 開催日時/2007年11月24日(土)14:05キックオフ 開催会場/九州石油ドーム 【2007・J1・第33節】大分トリニータ1-0ジュビロ磐田 天候/晴 17.4℃ 41% 入場者数/23,381人 主審/吉田 寿光 副審/中井 恒/上荒 敬司 得点/ 15分 鈴木 慎吾 (大分) 大分の美食ツアーに紛れて、実は観に行っていたこの試合(元々メインイベントだったはず)。どちらかのチームが素晴らしいプレーの連続とかだったらまだ救われたのですが、終始どっちもパッとしないまま終わってしまった試合。 ジュビロは凡ミスの連続、低いキープ率、せっかく貰ったボールをすぐに相手に取られる。シュートま...

2007年10月27日

【2007・J1・第30節】アルビレックス新潟1-1ジュビロ磐田

Jリーグ公式サイト:試合速報【e】 開催日時/2007年10月27日(土)15:04キックオフ 開催会場/東北電力ビッグスワンスタジアム 【2007・J1・第30節】アルビレックス新潟1-1ジュビロ磐田 天候/雨 17.4℃ 86% 入場者数/34,446人 主審/扇谷 健司 副審/中込 均、犬飼 一郎 得点/ 37分 エジミウソン (新潟) 20分 前田 遼一(磐田) 雨でずぶ濡れになりながら滑りながらのプレイだったので、どの選手もつらそうにしていたけど、そんな同条件の中で、なかなか走りこめないなかでもサイドを上手く使っていたのは新潟のほうで、一瞬の隙を見逃さなかったのも新潟。磐田は前田の技ありループシュートで先制してから、終始優勢に進めながらも、決定...

2007年9月24日

こんなペースでしばらくは

毎年恒例のコメントですが、今年もいろいろな記念日がこの日にやってきてました。 KANさんが45ちゃい、矢代恒彦さんが47歳の誕生日ということで、合わせておめでとうございます。そして、KANオフィシャルサイトの履歴書は毎年恒例の更新日にあたります。 今年は去年の今日とくらべて、年齢とか自動的に変更になる点を除けば、以下の点が更新されています。(書き漏らしていたらコメント等にてご指摘願います) ▼健康状態 2006年9月/スットコどっこい   ↓ 2007年9月/KANさん!ヨレヨレですよ!あ、ホントだ!ヨレヨレだ! ▼スポーツ・クラブ活動・文化活動など 2006年9月/軟式少年野球・軟式テニス部・軟式水泳部   ↓ 2006年11月/上記に加え「Club Ta...

2007年7月27日

夫婦揃って母校が甲子園へ

一昨年に引き続き、我が細君の母校・前橋商(群馬)が、2年ぶり4回目の甲子園出場です!おめでとうございます(^^) 桐生第一との決勝戦はダイジェストしか見ていませんが、2本のホームランで逆転して9回裏1アウト3塁で、最後の最後、犠牲フライになりそうなところをタッチアウトで決めてしまうあたり、OBの漫画家・あだち充さん的展開ですね〜^^。あの一瞬の中に選手の皆さんの一喜一憂が描かれているんだろうなあと思うと、やっぱり高校野球っていいなあ、と思っちゃいます。 ちなみに我が母校・天王寺(大阪)は大阪大会2回戦敗退。相手がPL学園では、やはり叶いませんかね〜。 でも、先日、父の日に行われたマスターズ甲子園では見事大阪予選を突破し、甲子園出場を果たし、友人が甲子園の土を...

2007年6月23日

【2007・J1・第17節】川崎フロンターレ2-3ジュビロ磐田

Jリーグ公式サイト:試合速報【e】 開催日時/2007年06月23日(土)15:00キックオフ 開催会場/等々力陸上競技場 【2007・J1・第17節】川崎フロンターレ2-3ジュビロ磐田 入場者数/16,614人 天候/晴 29.7℃ 32% 主審/穴沢 努 副審/廣嶋 禎数、青木 隆 得点/ 03分 前田 遼一(磐田) 20分 ジュニーニョ(川崎F) 48分 成岡 翔(磐田) 53分 前田 遼一(磐田) 58分 中村 憲剛(川崎F) 僕にとって2度目の等々力。武蔵小杉の駅前でわざわざ紙パックのお茶を購入して入場。しかしここは他のスタジアムの多くとは異なりペットボトル持込可だった。前にも同じ過ちをした記憶が。覚えておかなきゃ。ていうかペットボトル持ち込...

2007年6月11日

【2007・J1・第14節】ヴァンフォーレ甲府1-6ジュビロ磐田

Jリーグ公式サイト:試合速報【e】 開催日時/2007年06月10日(日)15:02キックオフ 開催会場/山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 【2007・J1・第14節】ヴァンフォーレ甲府1-6ジュビロ磐田 入場者数/11,389人 天候/曇 20.3℃ 64% 主審/松村 和彦 副審/抱山 公彦、下村 昌昭 得点/ 17分 前田 遼一(磐田) 21分 太田 吉彰(磐田) 56分 菊地 直哉(磐田) 63分 ファブリシオ(磐田) 73分 太田 吉彰(磐田) 77分 前田 遼一(磐田) 84分 増嶋 竜也(甲府) 小瀬はしっかり雨。レインコートで開門待ち。しっかり雨を降らせたのは久しぶりかも。 毎年楽しみなのは山梨のあたたかい皆さんからのお土産。今年の甲府戦は...

2007年4月14日

【2007・J1・第06節】ジュビロ磐田1-0横浜F・マリノス

ジュビロ磐田観戦記 開催日時/2007年04月14日(土)15:04キックオフ 開催会場/ヤマハスタジアム(磐田) 【2007・J1・第06節】ジュビロ磐田1-0横浜F・マリノス 入場者数/11,864人 天候/晴 17.8℃ 36% 主審/家本 政明 副審/廣嶋 禎数、岡野 尚士 得点/成岡 翔(54分) ○五輪に向けて多数主力が抜けるなか、先発メンバーに中山選手。これは相当久しぶり! ○中山の動きに明らかに翻弄されている相手チーム。 ○やっぱり普通の動きじゃないので、追いかけるのが大変そう〜 ○後半、ゴール前で中山倒れこみながらも足の間に挟まったボールを自らの足でかき出す! ○それを逃さず成岡シュート!先制点! ○見事な中山らしい足ストップり・・・じゃな...

2007年3月10日

【2007・J1・第02節】ジュビロ磐田2-1大分トリニータ

ジュビロ磐田観戦記 開催日時/2007年03月10日(土)15:04キックオフ 開催会場/ヤマハスタジアム(磐田) 【2007・J1・第02節】ジュビロ磐田2-1大分トリニータ 入場者数/11,452人 天候/晴時々曇 12℃ 58% 主審/奥谷 彰男 副審/佐藤 秀明、原田 昌彦 得点/西 紀寛(68分)、高橋 大輔(76分)、ファブリシオ(82分) ○祝、2007年SEIのジュビロ初観戦で初勝利! ○祝、2007年ジュビロ初ホームゲームで勝利! ○先週の0-4で負けた柏戦より相当サッカーになっていたそうで、よかったです。 ○怪我でまだ出られない一番前と一番後ろのFW前田・GK川口を欠いて、2点とって1点に抑えたことはたぶん大きいはずです。 ○個人的には今...

2006年11月27日

【2006・J1・第33節】ジュビロ磐田1-0清水エスパルス

ジュビロ磐田観戦記 2006/11/26(日) 14:00キックオフ 静岡スタジアム エコパ 【2006・J1・第33節】ジュビロ磐田1-0清水エスパルス 【入場者数】37,711人【天候】曇 17.1℃ 63% 【主審】吉田 寿光【副審】宮島 一代/相樂 亨 【得点】前田 遼一(後半14分) ジュビロの今シーズンホーム最終戦はエスパルスとの静岡ダービー。 僕ら夫婦が生観戦した2006年J1、計10試合近く見に行っているはずなんですが、これまでジュビロが勝利したのを1度しか見たことがない、という苦々しいジンクスがつきまとっていました。今シーズンこれまでのジュビロの勝率は5割程度なのに。なんということでしょう^^; そして、今日、おそらく今年最後の生観戦。無...

2006年6月23日

逆予行演習

1つ前の日記の『予行演習』とはまったく逆の結果にはなってしまいましたが、日本よくやりました! ブラジルに超久し振りに失点させただけでも良かったですよ。内容は前の2試合よりは全然見苦しくなかったし(そりゃところどころミスが響いてたけど)。 前半は能活好セーブも続きよく粘ったけど最後は終始支配されたまま。正直、やっぱりこの国にはどうあがいても勝てない。そう思うしかなかったですね。あの人たちが凄い。それだけです。ドラゴンボール的に言えばフリーザ最終形もしくはセル完全体を見るクリリンの気持ちです。最後の『とれるもんならとってみな』ばりのパス回しされまくりな時間帯は、むしろジーコ監督に遠慮でもしてるんじゃないかとも思いましたし(決勝トーナメント向けに無駄な怪我やカード...

2006年4月19日

ラムタラが来てから10年

実に久しぶり、半年以上ぶりに馬券を買った先週末。「皐月賞」は見事に「メイショウサムソン」が優勝。僕は単勝一本勝負で見事散りました。 毎日少しずつ検閲しながら過去の日記をアップしていってるのですが、今日アップしたなかに「ラムタラが来ました」っていうのがありまして。当時はまだ大学生だった僕は、馬券を買うことなんてできないため、単純に競走馬を見ることが好きだったのがよくわかるコメントを書いていました。 なかでも、「僕は競馬で儲けた損した等というお金に関わる部分は好きではありません。きれい事かも知れませんけど。純粋に競馬を楽しめないような気がするからです。」とした上で、「僕は大学を卒業したとしても、競馬で儲けようとは思いません。」と文字通りきれいごとで締めくくってい...

2005年9月28日

阪神タイガース、マジック1。

今年は2003年の優勝のときと比べると阪神タイガースについて述べることが少なかったような気がしますが、ちゃんとよろこんでますよ(^^)...

2005年7月27日

祝!甲子園出場!!

やりました、母校がとうとう夢の甲子園出場を果たしましたです!おめでとうありがとう! くどいようですが母校といっても奥さんの母校です(笑)。 でも、組み合わせ抽選会の結果によっては、ぜひぜひ甲子園まで応援に行きたいです。第1試合以外の場合、日帰りでも良いですから(笑)。そしてカチワリを食べるのです(笑)、人文字を描くのです(できません)、かわいいチアガールになるのです(なれません)。...

甲子園に連れてって

あと1勝。 あと1勝すれば、母校が甲子園に行けます。 ・・・。 といってもうちの奥さんの母校ですが(笑)。でもなんか、自分の母校のように応援しているのは、奥さんの母校であると同時にあの有名な漫画の作者さんの母校でもあるからなのかも知れません。 台風一過でとても暑い今日、プレイボール。熱射病や熱中症には気を付けて! ちなみに僕自身の母校は、3回戦敗退です(涙)。...

2005年7月 6日

ジュビロが街にやって来た

【ジュビロ来熊】 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に、なんとジュビロ磐田がやって来た! そうです。大宮アルディージャがJ1昇格し、たまにホームとして熊谷スポーツ文化公園陸上競技場を大宮アルディージャが使ってくれるお陰で、日程が見事合えば、ジュビロ磐田も我が熊谷にやって来る可能性があるという期待をしていたのですが、ついにその日がやってきたのです! 観客動員数は7000人台と控えめでしたが、僕から見れば、思いっきり普通に平日の水曜日に、しかも天気が雨という予報が出ていたにも係らず、遥々静岡県磐田市をホームに持つチームと大宮の対戦を、両方ともに市外にあたる熊谷市で実施するという環境の下で、7000人も入ったのは十分だと感じました。 今日は僕自身たまたま研修で(決して...

2005年5月22日

第66回 優駿牝馬(GI)

▼第66回 優駿牝馬(GI) ■結果 プリンちゃんも僕もだめでしたね〜^^; 次週はいよいよ日本ダービー。がんばりまっす。 <更新履歴> 05/05/22:初版(予想記入) 05/05/22:第2版(結果記入) ...

2005年1月10日

なにが嫌なんだ?

写真は、今日のシンザン記念に8枠13番で出走する3歳馬のお名前。 「イヤダイヤダ」。 何が嫌なんだー(笑)。と思っていましたが。 A「こら。こっちへこい!」 B「イヤダイヤダ!!」 A「お前、今、ネックレス万引きしただろ。」 B「してないよ。」 A「鞄にさっき入れたもの、出してみろ。お前が真珠のネックレス万引きしたのはもうわかってるんだ!」 B「いや、ダイヤだ!」 ・・・・(寒)。 ん〜、この場の寒さの責任をとって、決して走るのが「イヤダイヤダ」ではなく、負けるのが「イヤダイヤダ」であることを願って、彼に1票入れます(笑) ...

2004年12月26日

終わり善ければ全て善し

今日、日曜夜勤に向かう途中、新幹線車内で最近お気に入りの「ザ・ベイビースターズ」を聴きながら新聞広げて熟考していた有馬記念のお話。 「ゼンノロブロイ」はまちがいなく連に絡むとして、最後の最後まで「ヒシミラクル」を絡めようかどうか考えあぐねた末、この面子ではさすがに届かんだろうと切ったのが1日遅れのクリスマスプレゼントへの架け橋だったです。 しかも人生初の三連単、2万馬券!!(100円しか買ってないし) あ〜、テレビ見ながら喜びたかったなあ〜みたいな気持ちもありつつ、仕事だから仕方がない。 さて、このクリスマスプレゼントを使ってどうやって物欲を満たすのかと思われるかもしれませんが、結局今年通して約プラマイゼロに戻っているだけに過ぎないので、無茶に使うのはやめと...

2004年11月13日

エリザベス女王杯(GI)

・エリザベス女王杯(GI) さて、たぶん荒れることは少ないエリ女。 4枠 7番 スイープトウショウ 6枠 12番 アドマイヤグルーヴ この2頭を軸に、 2枠 4番 オースミハルカ 7枠 15番 スティルインラブ 8枠 17番 エルノヴァ と流しつつ、一頭は微妙どころを突きたいということで。 2枠 3番 グローリアスデイズ も加えていきます。 今回グローリアスデイズを選んだ理由は根拠は特にないのですが、あえていうならば、 ・秋華賞で本来の位置取りをできなかったため、今回はそのリベンジレースであること ・迷ったときは「3」を選べ(笑) 以上2つの理由です(笑)。...

2004年10月31日

天皇賞・秋(GI)

さて。雨上がりの天皇賞です。 普通に考えれば、ゼンノロブロイにテレグノシスで決まりなんでしょうが、昨日からの長雨で馬場がどうなっているか。というわけで、前残り代表の穴馬として 「3枠6番 トーセンダンディ」 をからめて 1枠2番 テレグノシス 3枠5番 ツルマルボーイ 3枠6番 トーセンダンディ 6枠12番 シルクフェイマス 7枠13番 ゼンノロブロイ の5頭ボックス。今回はトーセンダンディは逃げないかもしれないけど、まあ、いいか。「15番 バランスオブゲーム」も前回はずしたのに札幌記念で2着に入ったので気になってはいるんですが、午前10時現在で芝・ダート共に「重」となっています。雨はもうそろそろ上がり始めているらしいので、どうやら午後には「やや重」程度に回...

2004年10月24日

菊花賞(GI)

マシン作業のトラブルで終電に乗れなかった影響とはいえ、まさか職場で予想するとは思ってもみませんでしたが・・・(汗)。菊花賞です。 まず、え〜、ここ数年、菊花賞は荒れまくりです。 一番人気の馬は過去5年にわたり、連対していません。したがって、1番人気の馬での流し買いはやめときます。 3000mというだけあって、前残りは難しく、1着2着ともに先行馬が占めるということは確率としてかなり低そうです。 というわけで、1番人気以外で「差し」・「追込」の馬を軸に、「逃げ」・「先行」も含めて馬連で流す。 【1番人気以外で「差し」・「追込」】 7枠 14番   ハイアーゲーム(差し) 【相手】 1枠 1番  オペラシチー(追込) 1枠 2番  カンパニー(差し) 2枠 ...

2004年10月17日

秋華賞(GI)

またいつものように、中途半端予想の始まりです(笑) 今年の秋華賞は、1枠2番ダンスインザムードと武豊が圧倒的な1番人気。続いて6枠11番スイープトウショウと池添謙一が2番人気で続きます。 秋華賞って凄く荒れるイメージが植えつけられているんですが、それは1998年から2000年までの話。ここで3年連続で荒れまくったのが強烈な印象として残っていたのでした。最近3年間は固いです。というわけで、2強ともいえる今年の秋華賞も、特に天気が劇的に悪いというわけでもないし、おとなしくこの2頭を軸にして3連複でいきましょう。 (1) 京都(日) 11R 3連複  02−06−11 (2) 京都(日) 11R 3連複  02−11−12 (3) 京都(日) 11R 3連複  ...

2004年10月10日

毎日王冠(GII)と京都大賞典(GII)

明日はGIIが東西で開催されます。 ・毎日王冠(GII) 台風による馬場への懸念と、ここ数年、1番人気や2番人気の馬が思ったように走っていないです。 というわけで、外枠の4〜6番人気あたりを中心に。 6枠 6番 ブルーイレヴン 7枠 9番 シェルゲーム 8枠 11番 ヴィータローザ とここでもう一度馬柱を見てみると、 8枠 10番 ローエングリン(現在1番人気) もおらっしゃるので、ここもからめてみる。 2番人気のテレグノシスは、1800mの連がらみがまだ1度しかないのと、重馬塲の状態は限りなく追い込みに近いこの馬にはちょっと不利か。ということで外してみます。 ・京都大賞典(GII) 堅い。間違いなく、堅いでしょう。 4番 ゼンノロブロイを1着の軸にして、...

2004年10月 3日

スプリンターズステークス(G1)

さて、ついに秋のG1シリーズが始まります。 まずは短距離のスペシャリストを決定する「スプリンターズステークス」。 【荒れる?荒れない?】 過去の傾向からすると、短距離スピード決戦の故、「荒れない」です。速い馬は速い。やはり来るべき人が、1着なり2着なりに食い込んできてます。というわけで、 1 デュランダル 3 サニングデール のどっちかは無条件からめるってことでいいでしょう。 【短距離だし逃げ馬は有利?】 そうでもないです。ただ、1着にならないとしても2着前残りはありえるパターンですので、連にはからめたいところです。 5 カルストンライトオ 【微妙】 9 ゴールデンキャスト 13 シーイズトウショウ この2頭が微妙。一応からめようかと思ったけど、ゴールデンキ...

2004年10月 2日

大リーグ記録へ!イチロー観戦中。

BS1にてイチロー観戦中です。下記リンクも参考にどうぞ。 ・MLB イチロー 全打席詳細 野球に本来つかっちゃいけない表現ですが、今日ばっかりは、個人観戦でも許されるのではないのでしょうか。 そして1回裏、さっそく1打席目からレフト前ヒット!!!これで257本目です。大リーグ記録タイ。よし、このまま大リーグ新記録へ! 新記録達成時にはまた追記します。...

2004年9月26日

仙台に来るならどっちがいい?

・仙台に来るならどっちがいい? はい、久しぶりにアンケート追加しました。 理由とかいろいろと書きたい場合は、コメントやトラックバック、もしくはアンケートページの下のフォームから投稿していただければ、どこかしらに反映されますです。 ちなみに僕の個人的な想いとしては、ライブドア。同時に申請してたんならともかく、ねぇ。いくら楽天の実力が上だとしても、表に先に出たもん勝ちじゃないですかね。裏でなにやっててもそれはあくまで「裏」の話であって、表向き(つまりファン向き)には「後からどやどややってきた」っていう見え方しかしてません。これは見た目の印象からしてもキレイくないな、と思うわけです。...

2004年9月18日

セロクパゴ

とうとうストライキ突入。僕の仕事のやる気もストライキ突入です(^^)。でも大丈夫。来週は連休とか研修とかで、通常業務はほとんどありませんから(笑)。ついでにダイエット活動もストライk(殴 さて、やっとこの話題に言及する気持ちになってきました。プロ野球のお話。結論からいうと、敢えて身勝手なことを言って許されるなら、「2部リーグ」派かな?「2リーグ」じゃなくて、ね。 「来季はセ・6球団、パ・5球団」ってことで、テレビもラジオも新聞も「セロクパゴ、セロクパゴ」と報じていたあの頃が懐かしい。時間はかかるにしても、ライブドアと楽天とシダックスの参入が徐々に現実味を帯びてきました。たぶんもっともっと内に秘めたるものをもっている企業はあるんでないでしょうかね〜。 将来プロ...

2004年8月31日

高原のサッカーボール

「高原直泰オフィシャルサイト」が惜しくも終了してしまった(たまたまなんですが)今日、1枚のチラシがうちに届きました。 「9月19日(日)の大宮アルディージャ×ヴァンフォーレ甲府戦を熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催するんで、みんな見に来てね、特に熊谷市の方は先着1000名様、ご招待しますよん♪・・・・・・う〜ん、でも、どうも集まりが悪いんで、深谷市民・鴻巣市民の皆さんも各市先着1000名様ご招待だぁ、ふとっぱらぁ〜♪(大いに脚色あり・笑)」という内容です(^^)。 おお、これは行かねばっ、というわけで我々は行く気満々なのですが、このチラシによると、当日なぜか、「高原のサッカーボールをプレゼント」なんていうイベントがあるらすぃ。 なになに・・・? ・高原のサ...

2004年8月22日

陸上の800m走って

昨日はカルカッタオリンピック推進委員会発足の詔を出しましたが、そんな折、夏休みに入ったため、時差のことは気にせずゆっくりとNHKでオリンピックの陸上女子800mを見ていたりするんですが。 う〜ん、この実況といい、展開といい、なんかに似てるな〜って思ってたんです。 で、さっきようやく気づきました。「競馬」に似てるんですね〜(ぉぃ。 先行逃げ切りすれすれで追い込み型ランナーに捕らえられている場面とか、走破タイムが1分58秒台で左回りであることを見ても、東京競馬場の芝2000mそっくりですよ、これ(ぉぃパート2。 きっともうお気づきの競馬ファンもおられるんでしょうけれども、僕は今頃気づきました。この熱い感動をありがとう、アテネオリンピック!(なんか違)...

2004年8月20日

一番オリンピックを開催して欲しい都市

オリンピックで熱く燃え盛っている中、やっぱり問題となるのは、「時差」。 次の日が休みならともかく、次の日が平日だとしたら、無理して4時ごろまで起きてないといけないときがあります。それは心身に支障があるばかりでなく、給料にも支障が出てくる可能性があります(苦笑)。実際、ヤヴァイこともありました。 先週だったかな、サッカーの日本代表を見ていたら、4時15分くらいまで起きてなきゃならなくて、さらに次の日仕事。2時間くらいしか寝られなかった、みたいな。 シドニーのときはシドニーのときで、時差がなさ過ぎて、0時ごろ自宅に帰る日々が続いていた僕は、リアルタイムにテレビで金メダル獲得の瞬間とか、見られなかったりして、悔しい思いをしたりしてました。 ということわ。 一体僕ら...

2004年8月19日

卓球とはここまで手に汗握るものなのか

惜しかったですね〜〜、卓球の福原愛選手。 もちろんその直前にメダルを獲得した柔道の上野選手(金)に泉選手(銀)も凄かったし、身震いもしたのですが、今回のオリンピックでは時間的に丁度福原愛選手を見る機会が多かったのです。 1−2で4ゲーム目。ジュースの連続。13−15で最終的には落としたものの、この試合で卓球の面白さを改めて知った、もしくは新たに知った人は多かったはず。キム・ギョンア(韓国)選手は福原選手より格上であるにも関わらず、勝ったはずのキム選手が試合直後にへたりこんでしまうほど、両者共に心身のエネルギーを全て出し切った良い試合だったです。 ひょっとしたら作戦だったのかもしれないけれど、実況・解説でもたびたび言っていたように、ドライブを使いすぎて自滅して...

   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.