Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

1996年12月31日

大晦日は住吉大社で初詣

もう今年最後の日になってしまったんですね。僕の中ではこうやってホームページが自分でもてたこと、皆さんに僕の音楽を少しでも提供できたこと、その他にもたくさんの出来事があった年でした。今日は今から高校時代の友人らと初詣に行って来ます。住吉大社です。かなりたくさんの人が来るはずなので、心配です。今年一年、このホームページに訪れて下さった方々、本当にありがとうございました。そして来年もまた[Sei's Station] をよろしくお願いします。...

1996年12月30日

年末って忙しいからこんなに更新できなかったの初めて。

本当に申し訳ありませんでした。ここのところ、年末忘年会などがあって帰ってきてからパソコンを動かす気力がなかったのに加えて、今日なんか、逆にパソコンに座り続けて年賀状を必死で作り上げて今終わったところなんです。ここまでホームページの更新をするのが不可能だったことは今までありません。この場でお詫びします。この空白の日々をどうやって過ごしていたかというと、先ほど書いた「忘年会」だとか、夜中の映画を見っぱなしだったとか、いろいろあります。その中でも、感動的だったのは、ある映画との再会です。 それは4歳か5歳の大晦日の夜でした。僕は両親と一緒に、ある映画を見ながら 年越しをしました。当時としては滅多にない夜更かしだったので、うきうき気分でした。その映画のなかでは、ある...

1996年12月26日

新曲の歌詞が届く

「ビバ コルビジュエ」の作詞者から、さらに第二弾の歌詞が届いた。いよいよ建築バンドも本格的になってきた。いずれはミニアルバムぐらいは自分たちだけのために作ろうなんて話も出ているくらいだ。内容は、僕らが締め切り寸前になってもう間に合わないとあきらめかけているときの混乱している頭の中と、それに対する応援も兼ねた、敗戦処理部隊のための曲である。わけがわからなさそうですが、また歌詞を公開する機会があったら公開します。もう一曲は「コンクリート」にささげる曲。「君は冷たい でも時々暖かい顔をふっと見せる」「君は荒っぽい でも本当は繊細なのを僕は知っている」で始まる歌です。タイトルは前者が「シャルル」、後者が「CONCRETE 〜君と歩こう〜」です(予定)。また出来たら公...

1996年12月24日

クリスマスやゆうのに・・・。ほんまにもお!

僕の体の弱さというのは輪をかけて凄いですね。昨日のクリスマスイヴイヴぐらいで風邪がうつるとは。普通20代の男がこれぐらいのことで風邪なんてひきませんよ、絶対。今日の授業中、非常に悪寒が走りました。友人に聞いたら、「暖房がきつすぎてぼぉっとする」ですって。僕は体の内側から寒いというのに。家に帰って熱を計ると別にたいした熱はない。でも悪寒はますます走る。仮眠をとって夕飯を食べようとするが、油物は口にする元気がない。そういえば昼食も食欲がなくてろくに食べてない。「街中は very very Merry Christmas 耳鳴りもジングルベル」なんて槇原敬之も歌ってました。まさにその通り!梅田阪急の毎年恒例のクリスマス・ショウウインドウの前のカップルがうらやましい...

1996年12月22日

新アンケート新年開始!

アンケートのコーナー(Sei's QUESTION Station)の新しいアンケートを新年早々開始しようと思ってます。おそらく「あなたの町では "ジャンケン" をどういいますか?」になると思います。大阪の僕の周辺では「いんじゃん」とよんでいまして。皆さんのところではどうかなあ、なんて考えてます。方言による違いや習慣による違い、「あんただけでしょ」というのもある かもしれません。乞うご期待! 今日はバンドのとあるメンバーの家で新曲のデモテープを聴いてもらいました。まあまあの反応です。ちなみに「あしたはどこにある?」という曲です。...

1996年12月21日

地獄のレコーディング

電子メールで曲の依頼を受け、できあがった曲のレコーディングをしました。デモテープを作ったのです。歌詞を詰め込んだ曲なので、ちょっとでも遅れるとだめになってしまうので、何回も録り直しました。ちなみにその曲はMIDIでも提供しています。タイトルは「山あり谷あり」です。 うちのホームページのコマーシャルが「ジャマール(関西版:96/1/21号)」「From-A(関西版:96/2/12号 & 96/2/18号)」に掲載されます。自分で応募したんですけどね。ははは。...

1996年12月20日

うそぉ!

今日登校時に阪急電車に乗っていたら寝ている間に目的地の阪急六甲駅を通り越して次の王子公園駅に着いていたのです。「うそぉ!」と思っている内にドアは再び閉まり、さらに次の春日道駅でやっと下車して引き返しました。昔は対向ホームに行くときは一度改札を出なくては行けなかったことを思えばまだ恵まれていた方ですけど、久しぶりにやらかした大失態に呆然としました。ちなみに、非常に朝早く家を出たので、1限目には間に合ったのでした。 今日から「CSJインデックス」の検索も可能となりました。今日はやはり「有馬記念」でしょう。僕は「ロイヤルタッチ」「ファビラスラフィン」「ヒシアマゾン」を応援します。他の強豪をギャフンと言わせて下さい。特に皐月賞から応援している「ロイヤルタッチ」、今度...

1996年12月19日

エスキース上々

前から進めている建築設計演習製図課題「キリスト教神学校」のエスキース(草案)がかなりいい感じに仕上がってきました。プロテスタントの方なんですが、「思索する場」が必要で、そこに自分の価値観を埋め込むことがポイントになっているのです。僕は、空の色で時間を感じ、空間の中だけでなく、時間の中でも思索に耽ることが出来るように、ドーナツ上の屋根を設け、そこから空の色がリアルタイムで見えるようにしています。これで生徒の皆さんが、豊かな心で思索に耽ることが出来るのです。なんて偉そうに書いていますが、ここまでは普通の建築家なら想像できることなんです。ここから僕のオリジナリティをどうやって組み込むかがこれからの課題になります。ちなみに提出期限は来年2月3日です。...

1996年12月18日

就職情報誌がやってきた

そろそろいろんなところから就職情報誌や企業案内が送られてくるようになりました。実感が徐々に湧いてきて、不安と期待を両方もっています。先輩の情報によると、この封筒や雑誌のヤマが、どんどん不安に変わっていくのだそうです。早くに決まった場合はいいのですが、長引くと・・・ま、僕は前向きに考えることにします。ただ、大学院に行きたいという思いもまだ少なからず残っています。これからどちらに魅力を感じて進んでゆくのか、いまの僕からは想像もつきません。今回の選択は自分の一生だけでなく、いつかは一緒に暮らす人や親類一同にも大きく影響することなので、慎重に考えたいと思います。でも、夢を犠牲にした進路は取りたくありません。とにかく、複雑です。1年後にここにどんな日記が繰り広げられる...

1996年12月17日

雨雨雨雨雨雨

学校に行く前までは降ってなかったのに いざ出発というときになって降り始めた。憂鬱です。傘はかさばるからラッシュアワーとかにはすごく気を遣うし、僕って傘さすのが下手だから、いくら傘が大きくてもなぜかびしょびしょになるし、折り畳み傘しかなかった今日に関してはもっとびしょびしょ。うんざり。でも嫌いというわけじゃないんですけどね。雨の日って。いつもより視野が狭いから考えごとするときなんかはいい環境なんですよ。歌詞も良く浮かびます。設計のエスキースも良く浮かびます。最近はそういう物を手帳に書き付けるようになりました。家に帰ってからだと覚えてなくてもったいない思いをすることが多いんですよ。だからその場でササッと書いておくと後で見直したりしたときにも絶対参考になるし便利で...

1996年12月16日

年賀状考えないと・・・。

去年、一昨年と喪中のため年賀状が出せなかったので、久しぶりに出すことになるのですが、未だに図案が決まってません。早くしないとだめなのですが・・・。「丑」ですよね。ん〜と、どうしようかなあ。12年前に描いた図案も覚えてないからイメージも何も湧かない・・・。馬だったらかけるのに。もちろん寅でも兎でもいいですよ。うさぎなんてうちの「グル」の絵をかいておけばすむし、寅は阪神タイガースファンだった(?)僕にとってはお安いご用だし。でも丑はねえ。まず乳牛にしようか肉牛にしようか。それとも闘牛にしようか。なんかピントがずれてるなあ。ま、そのうち決まるでしょう。とりあえずカラープリンタとカラースキャナが揃っている今年の正月は これらを使うほかに手はないでしょうね。絵は自分で...

1996年12月15日

朝風呂入ってきました。

たったいま朝風呂から出てきました。きもちよかったぁ。昨日は友人の家で「ギャロップレーサー大会」を催したため、日記はこんな時間になってしまいました。ダビスタBCの結果の報告も遅れてしまってすみません。とりあえずギャロップレーサーのエンディングを見ました。フランス凱旋門賞(G1)で「ダンスパートナー」で追い込んで勝ちました。ラムタラも一緒に走りました。彼に勝ったのです。感動でしたね。後は全G1制覇を目指します。 昨日の不思議の答えですけど、結論は「虫も空気と一緒に運ばれている」ということです。空気は電車に運ばれている、つまり軽いものは電車と同じスピードでいわば「走る」事が出来るのです。虫も軽いからそれと一緒に運ばれる、と言うわけです。だから、もし「鳥」かなんかが...

1996年12月14日

電車の中の不思議

昔から思っていた不思議なことがあります。「電車の中でなぜ虫は飛んでいられるのか」です。おそらく、「そりゃ慣性の法則のおかげに決まっているだろ!」と怒り満ちあふれる方もいらっしゃることでしょう。しかし、電車が停止しているときから走っているときまでずっと飛び続けている虫がいたんです。最初はその虫をぼんやり見ていました。停車時間が終わり、出発し始めて、その虫がずっと飛んでいる間もやっぱりぼんやり眺めていました。「慣性の法則」だとタカをくくっていたのでしょう。でも、後で考えるとその虫、どう考えても座席や扉や窓に止まったという形跡がないのです。僕の目の前をヘリコプターのようにホバーリングしていたのですから。普通なら電車だけが前進し、虫は追いつけずに連結されているところ...

1996年12月13日

阪急の特急

阪急電鉄は特急料金というものがありません。例えば近鉄特急のように別料金を取られません。「普通」「急行」「特急」何に乗っても同じ料金です。だから当然のごとく、車両も同じでした。どの電車も同じ外装及び同じ内装で、うっかり居眠りから覚めたときに、自分がどの車種に乗っていたのか忘れてしまい、目的の駅を通過してしまうこともありました。今日、帰りのラッシュ時に特急に乗ったのですが、とうとう特急らしい内装になりました。座席はラッシュ時には収納できてスペースを多くとっていたり、電光掲示の案内表示、そして車両の丁度真ん中につかまるための棒がたっていて急停車で雪崩れることもありません。しかもテレビがあって「ミエルラジオ」を放映していました。特急料金を払わなくてもこのサービス。少...

1996年12月12日

なんか訳もなく忙しいなあ。

今日は授業が延長して、間に合わないので家庭教師は休みました。木曜日はこれからずっとこうなのだろうか。某有名建設関連企業の某先生が僕たち学生のエスキース(草案)を見て下さるんです。だから実に休むわけには行かないんです。途中で帰ったらもったいないんです。最後までいればいるほど勉強になるんです。だから家庭教師は優先できないんです。特に今みたいな建築学を知る過渡期にある僕にとっては。今が一番大事なのです。今日はそのあと友人と夕食なんかを食べたりして終電近くの電車で帰ってきました。ちなみに、阪急六甲駅から喜連瓜破駅まで帰ってくるのには阪急六甲を22:50くらいの電車で出発しなければ地下鉄東梅田発の終電には乗れないんですよ。ははは。遠いなあ。しかも、昨日定期券が切れてし...

1996年12月11日

キリスト教神学校の設計

来年2月3日提出の課題なんです。これ。今はエスキース(草案)の段階ですが、いろいろ自分のなかで案が駆けめぐっています。 キリスト教(プロテスタント)のイメージとして「清楚な」「落ち着いた」という観念が自分のなかにあるので、今回は思い切って壁面を真っ白にしてその周りを水や緑草などで取り巻き、「白・緑・青」の建築の三原色 (今思いついた)で勝負しようと思っています。特に、凸凹をいろいろ付けるだけで結構真っ白な壁面に美しい陰影が映っていいかなあなんて思ったりなんかして。 キリスト教のもう一つのイメージとしては「孤立した」「閉じた」空間であるという感じがしてなりません。だから今回の学校に関しては、誰でも気軽に入ってキリスト教の聖書的教義を学び知ることが出来たり交流で...

1996年12月10日

今年もインフルエンザ大流行?

咳がいよいよひどくなってきました。喉→鼻→咳という経路を辿ってきた今回の風邪。今までの経験上「喉→鼻→咳→頭→熱→高熱→回復」というシナリオを覚悟しています。しかも「高熱」に関してはここ数年記録更新中の最高体温39.3度をさらに上回るのではないかと予測。毎年のようにこの型の風邪はひくようです。「予防しなさい」と怒られそうですが、予防してもこうなるのです。もう運命以外の何者でもありません。来週の日曜日あたりにヤマが来そうな雰囲気です。今から週末の予定の変更を考えている今日の櫂谷でした。 ちなみに今週の日曜日は友人宅で「プレイステーション&セガサターン大会」を予定しています。「馬」関係のゲームをしまくる予定です。なんと不健康な。 あれ、ひょっとして昨日(9日)の...

1996年12月 8日

ああ、セイリューオー

今日の朝日杯3歳ステークスの セイリューオーはおでぶちゃんになっていました。 せめて増えるとしても480kgくらいかなと思っていたのに490kgとは・・・。 最終コーナーを回ってもびくとも反応してくれませんでした。 来年は期待してるからね。でも「マイネルマックス」はよく頑張ってくれたので 嬉しいです。これで4連勝です。ブライアンズタイムの3歳は今年はホントに良く走ります。 サンデーサイレンス軍団をギャフンと言わせて欲しいです。でないと面白くないですから。 現在新曲の打ち込みの途中です。 次はミスチル風にしたかったのに無理でした。乞うご期待。 --------...

1996年12月 7日

スチールハウス

今日の産経新聞の夕刊の中の、「スチールハウス」という言葉が目に入りました。少し前からブームになっているいわゆる「ツーバイフォー構法」の住宅の、木造の部分が、すべて鉄になったものだそうです。こうするとコストダウンの他、構造強度的にも木造よりも優れているといいます。アメリカはフロリダで起こったハリケーンによる被害をきっかけに森林保護の動きと相まって、この「スチールハウス」が誕生したのだそうです。日本で初めての「スチールハウス」が、大阪府堺市に建設中で、僕は密かに興味を持っています。写真も載っていましたが、本当に、木の色をそのまま鉄の色にしただけの骨組みで、強そうに見えました。この骨組みは当然完成すれば壁のなかですので見えることがなく、木造と変わらないような姿にな...

1996年12月 6日

喉痛い。

今流行の「風邪」というやつにかかりました。これで僕も流行先取り!なわけないやろ!!喉が痛くて痛くてたまらんのです。まだ熱が出ていないから学校には行ったんですけれども、家庭教師は「うつすと悪い」という理由もあって休みました。これから熱が出るのか頭が痛くなるのか、それとも治るのか、動向が心配されます。 一昨日できあがった「ビバ コルビジュエ」が作詞してくれた友人と他の友人に大受けしました。大成功です。今度は「高松伸」で歌詞を書くらしいです。...

1996年12月 5日

レコーディング完了

今日はホームページ上にアップしているMIDI曲をすべて自分の声でレコーディングしました。といっても、自分の家で。MDを駆使していいところばかりつなげ合わせて仕上げました。音程のずれをごまかすため、すべて2重録り。昼間ほとんど歌い続けていたのでのどが・・・。慣れないことはあまりするもんじゃありませんね。でもいい出来です。基本的に[*.WAV]形式のファイルを置く余裕はないので皆さんに提供できないのが残念です。リアルオーディオでもいいのですが、音質がただでさえ悪いテープからの録音は絶対うまくいかないでしょう。ま、ただでさえ大雨で気分が優れなかったのでストレス解消にはなったかな。 新曲もう一曲。「あしたはどこにある?」もアップしました。...

1996年12月 4日

ビバ!コルビジュエ

これは何かともうしますと、今日即興で作り上げた 曲です。「コルビジュエ」というのは有名な建築家の名前です。本名ではないそうです。2ヶ月ほど前、授業中にこれまた即興で友達が作り上げた詩に、僕が即興で曲を付けました。ワンコーラスのみですが、レコーディングも打ち込みも合わせて2時間ほどで出来てしまった異色作です。でも自分ではいい出来だと思いました。この詩にこの曲を付けるのがもったいないぐらい。MIDIを聴ける人はここをクリックして下さい。聴けます。[Sei's MIDI Station]にもありますのでこちらの方に行ってもらっても構いません。 久しぶりの新曲「ビバ コルビジュエ」をよろしくお願いします。...

1996年12月 3日

やけ酒

建築って才能いるのかなあ。今日(いや、正確には昨日)、先週提出した製図課題の講評会があって、現役の建築関係の先生方の前でプレゼンテーションすることになったのです。全員見せるのは時間がないので100人の中から厳選された20人がプレゼンしたのです。そしたら大ショックでした。僕のと比べるともう、僕のが子供の落書きに見えるくらい。連れのみんなも同じ事を考えていたらしく、その日は先生方との懇親会の後、連れといっしょに飲みに行きました。「やけ酒」です。泣きも入ってました。次こそは、僕らの中から一人でもいいからあの20人の仲間に入れるように努力しましょう!って事になりました。次の課題は神学校です。またまた難しそうなテーマです。頑張ります。 30年もたたない将来、地球上では...

1996年12月 1日

大休養日

3日の徹夜の代償は大きかったです。きのう朝に予備校のバイトがあって、電車に揺られていきましたが、全然起きている気がしませんでした。一日ぐらいの睡眠時間じゃ元には戻らないのです。だから今日は家にずっといました。曲作りとダビスタBCと・・・いろいろしていたら休む時間が少なくなってしまった。明日はまたまた次の製図の課題が出されます。地獄の日々はそう簡単には終わってくれない・・・。 いよいよ来週は「朝日杯3歳ステークス」。自分の本名の関係上「セイリューオー」を応援しまくっています。「札幌3歳ステークス」の出走登録馬を北海道旅行の最中に旅館で「Gallop」で読んでいて此の名前を見つけてからずっとファンです。栗毛の可愛いこの牡馬と僕は非常に強い糸で結ばれているのだと感...

   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.