Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

1997年3月28日

バーバパパ

 「バーバパパ」  おそらくかなりの方はこの言葉に反応するでしょう。1969年、フランスのある夫婦が始めた落書きに端を発した漫画です(一部不正確かも)。この「バーバパパ」の原画展が大阪梅田の阪急百貨店に於いて催されていたため、見に行ってきました。  僕が生まれた年(1974年)にアニメ化され、アメリカよりも先に日本に渡り、幼い頃から僕の心の中に深く残っていたこの漫画は、「土から生まれたフランスのお化け」バーバパパを筆頭に、その妻バーバママ、そしてその子どもたち7人で構成された合計9人の家族が織りなす世界を描いたものです。 もともとは、人間たちに敬遠されていた彼らなのですが、ある事件が起こり、その時にバーバパパが助けてあげたことにより、人間たちが彼らのおうちを...

1997年3月 9日

う〜ん、モデムドライバ

 親戚の家のパソコンはもう一度インストールしなおし。すると、なぜか標準装備であるはずのFAXモデムボードを認識してくれないというところまでは 先日の日記にも書きました。そのリターンマッチが今日、親戚の家にて行われました。その結果、どうやらFAXモデムボードのドライバ自体が存在しないのでは、という結論に達しました。 再インストールのことを考えて、マニュアルにもFAXモデムボードの再セットアップの仕方についても記述されているのですが、そこには「自動的に認識してインストールもしてくれる」と書いてあるのです。しかし、言葉通りの手順を踏んでも、自動的には認識してくれないのです。コントロールパネルから手作業でセットアップしようとしました。しかし、選択できないのです。FA...

1997年3月 8日

結婚おめでとう!

 今日はいとこの結婚式です。おめでとう!でも名古屋で結婚式なので僕は行けませんでした。だから今度曲をプレゼントします。待っててくださいね。  昔は祖父の家に行ってはいとこみんなで集まって遊んでいました。それが、時は流れ、それぞれにいろいろな生活を送り、とうとういとこが続々と結婚する年頃になってきています。これからは子供の頃のようにみんなで遊ぶことができないのが少し寂しく思います。いとこ同士の家はそれほど遠くはないのに、物理的な距離以上に心理的な距離を感じます。 でも仕方のないことですね。時は流れなきゃ意味がないですものね。出会いと別れの連続のなかにたくさんのことを学ぶのが人ですからね。とにかく、末永くお幸せに。  チャットのコーナーをいろいろなサーチエンジン...

1997年3月 7日

時には心に休日を

 毎日のようにしなければならないことやしたいことを実行していると、何もしないでぼーっと過ごす日が少なくなり、窮屈な生活に陥ってしまうことがよくあります。今日は「心の休日」です。しなければならないことのことはすべて忘れて、ぼーっとしてました。毎日だと逆に辛くなりますが、たまにこういう日を設けると、とても落ち着きます。もとはといえば難航する曲作りのせいなのです。明日からはちゃんとやりますから、許してね(誰に許してもらうんだ?)。  とりあえず、いつもよりかなりたくさん寝たかったので朝は10:30起きでした。こんなに遅起きなのはひさしぶりです。しかも朝、いきなりFF7をしました。朝からゲームって高校生以来かも・・・まだ春休みになっていない小中高校生を横目に優越感に...

1997年3月 6日

新曲の延期

 新曲発表はちょっと延期。3月18日になりました。いとこがみんなで集まるこの日に、みんなの前で聴いてもらうことになったからです。もうしばらくはいとこがみんなそろうことなどはなくなってしまうだろうから、とても楽しみです。ということなので、しばらく待ってください。  今日の大阪は花粉が飛びまくっていたようで、僕の目鼻はかなりのダメージを受けました。眼はシバシバするし、鼻はグシュグシュいうし。困り果てた僕は、お風呂で洗面器の中で冷水で眼を洗いました。いつまでこんな生活が続くのか、考えると憂鬱です。  新しい結婚式ソングの話に戻りますが、現在、ちょっとスランプ気味です。阪神がオープン戦で調子がいいせいか、いい曲のフレーズが浮かばないのです。いつもならピアノに向かって...

1997年3月 3日

ひなまつり記念の新曲

 ちょっと前の日記にも書きましたが、当時制作途中だった新曲「PRIDE」が完成しました。 今回はピアノを一切使っていません。ピアノで曲作りをする僕にとっては初めてともいえる試みでした。今回はアコースティックギターで攻めてみました。 歌詞は同じ学科の友人に作ってもらいました。歌詞付きのページはこちらでどうぞ。(SEI-MODEからどうぞ) まじめな歌詞で曲を作るのは神経を使います、はい。 「シャルル」や「ビバ コルビジュエ」の時とは訳が違いますね。でも納得のいく出来なので是非聴いてくださいね。 感想もお待ちしています。  昨日の話なんですが、ある就職資料請求葉書を見せてもらいました。「アコム」のものです。 これが傑作でした。もらった方もおられると思いますが、そ...

   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.