Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

2017年7月 1日

17/09/20【BD】KAN 芸能生活29周年記念 特別感謝活動年 Kegimental Live Daiwa Sakura Aid presents『ロックンロールに拿捕(ダホ)されて』発売

【【BD】】17/09/20
芸能生活29周年記念 特別感謝活動年
Final Kegimental Live
『ロックンロールに拿捕(ダホ)されて』

2017年1月 1日

17/03/15【CD】Strings Quartetto Album『la RINASCENTE』発売

【【CD】】17/03/15
Strings Quartetto Album
『la RINASCENTE』

2016年4月24日

16/06/22【CD】Live CD『弾き語りばったり #19 今ここでエンジンさえ掛かれば』発売

【【CD】】16/06/22
Live CD
『弾き語りばったり#19
今ここでエンジンさえ掛かれば』

2016年3月23日

16/03/23【DVD】KAN BAND LIVE TOUR 2012『ある意味・逆に・ある反面』発売

【【DVD】】16/03/23
KAN BAND LIVE TOUR 2012
『ある意味・逆に・ある反面』

2016年1月 3日

16th Album『6×9=53』/KAN

【【CD】】16/02/03
16th Album
『6×9=53』

2015年3月 2日

『表参道』/KAN

34th Single『桜ナイトフィーバー』のカップリングとして収録。 ▼KAN オフィシャルウェブサイト New Single『桜ナイトフィーバー』 - www.kimuraKAN.comhttp://www.kimurakan.com/kanban/kanban063.php <ここから引用> 『表参道』 フレンチポップの名曲『オー・シャンゼリゼ』のメロディに、KANが新たな日本語詞をのせて唄う、新感覚の変則カバーナンバー。 ドラム:サンコンJr.(ウルフルズ)、ベース:奥田民生、ギター:和田唱(TRICERATOPS)というヴェリーレアな組み合わせによる、ある方向のマニアを唸り倒させるアレンジメントでの録音も、楽曲をお聴きいただければ、必ずや御納得いた...

2015年2月 1日

34th Single『桜ナイトフィーバー』/KAN

【【CD】】15/02/25
34th Single
『桜ナイトフィーバー』

2014年10月12日

14/10/15【DVD】KAN BAND LIVE TOUR 2014『Think Your Cool Kick Yell Come On !』

【【DVD】】14/10/15
KAN BAND LIVE TOUR 2014
『Think Your Cool Kick Yell Come On !』

2013年9月 8日

13/09/25【CD+DVD】くまモン公式イメージソング『くまモンもん』

【【CD+DVD】】13/09/25
くまモン公式イメージソング
『くまモンもん』
森高千里

13/09/11【CD+DVD】「靭公園 MUSIC FESTA 〜風のハミング〜」オリジナルソング『靭(うつぼ)のハミング』

【【CD+DVD】】13/09/11
『靭のハミング』
スターダスト・レビュー/KAN/馬場俊英

2011年11月28日

12/01/01【DVD】LIVE TOUR 2001『Rock'n Roll 39』発売

【DVD】12/01/01
LIVE TOUR 2001
『Rock'n Roll 39』

2011年11月 6日

<KAN>『Listen to the Music』ファーストインプレッション

さて、まさかまさかの11月3日文化の日、 我々夫婦の結婚式記念日に(関係ない)、 STVラジオの『牧とのりおのスーパースクランブル』にて 全世界最速オンエアされた KANさんの12月7日リリースの新曲『Listen to the Music』。 本当は発売後のCDの音源でちゃんとリピートして聴くべきところ、 もうすでに録音した上記音源をリピート再生しまくっていて、 コード譜は脳内に書き起こし完了していて、 ハミングでなら弾き語りできちゃう状態になりました。 まだCD音源で聴いていないので、細かいところには トラップや落とし穴(違)が仕掛けられているんだと思いますが、 現状聴いた限りのファーストインプレッションを記したいと思います。 ここから先はリリース前のネ...

2011年10月 9日

33rd Single『Listen to the Music』/KAN

【【CD】】11/12/07
33rd Single
『Listen to the Music』

2011年10月 8日

1st Single『Chu Chu Chu』/Cabrells

2011年10月26日(水)発売、KANさんが参加する デリケートフル・アコースティック・バンド「Cabrells(カブレルズ)」の1枚目のシングル 『Chu Chu Chu』 についてのまとめエントリです。 Amazon.co.jp: Chu Chu Chu: Cabrells: 音楽 【送料無料】Chu Chu Chu (楽天ブックス) KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com【e】 (ここから引用) KAN、ジョン・B、菅原龍平、ヨースケ@HOME(年齢順)による、微妙なアコースティックユニット【Cabrells】のオリジナル曲第1弾『Chu Chu Chu』が、2011年10月26日(水)に発売されます。 今秋に行われ...

2010年9月 1日

10/10/27【CD】過去アルバム12作品+アルバム未収録曲集『THE RESTORATION SERIES』発売

【CD】10/10/27
12Albums&c/w etc.
『The Restoration Series』

2010年8月 5日

10/09/22【DVD】芸能生活23周年記念逆特別 BAND LIVE TOUR 2010『ルックスだけでひっぱって』発売

【【DVD】】10/09/22
BAND LIVE TOUR 2010
『ルックスだけでひっぱって』

2010年3月10日

『予定どおりに偶然に (with ASKA)』/KAN

15th Album『カンチガイもハナハダしい私の人生』の9曲目に収録。 ファーストインプレッション この曲は、KANさんが心から尊敬して止まない 先輩アーティスト・ASKAさんに ダメ元で共作をお願いし、即答で 快諾してもらったことから実現した楽曲です。 発売前からずっと、「小学3年生」とともに、 アルバム内の最注目曲として君臨し続けました。 そして、もちろん、発売後もそうあり続けるでしょう。 全てがKANさん自身の成分で構成されているわけではない、 かなり珍しいタイプの楽曲であるにも係わらず、 敢えてアルバムの最終曲として置いたことが、 如何にこの共演が念願であり、 予定どおりに偶然に叶ったのかということを 物語っているように感じます。 曲のできあがるま...

『ordinary days』/KAN

15th Album『カンチガイもハナハダしい私の人生』の6曲目に収録。 ファーストインプレッション KANさんにしては珍しく、 子供のいる家族の普通の日々を、 過去の経緯や記憶をたどりながら 幸せにほのぼのと振り返るような ほっとするアットホームな楽曲。 現在と過去を行ったり来たり、 歌詞のブロックごとに、 それぞれ空気や色が感じられます。 KANさんによれば、この曲の歌詞を書くときに、 これまでとは違う手法をとったのだそうです。 今後ロックボンソワなどの場で、語られるそうです。 また、ちょうど、我が家がこの家族構成なので、 いろいろシンクロするところがあり、 感慨深い1曲でもあります。 夜中2時と明け方5時に夜泣きなり授乳なりで 起きるというシーン描写な...

『ピーナッツ』/KAN

15th Album『カンチガイもハナハダしい私の人生』の3曲目に収録。 ファーストインプレッション なんて切ないんでしょう。 メロディや歌詞の紡ぎ方こそ違えど、 テーマとして槇原敬之氏が選びそうなもので、 曲全体の雰囲気も情景の切なさも、 まっきーの曲を聴くときと重なる心情で 耳を傾けて、景色を眺めている自分が居ます。 こういう歌詞の曲が最近のKANさんに なかったので、とても嬉しいです。 「日曜日」っていう言葉はとても強い 魔力を持っていますよね。 歌詞に描かれている一連の行動や言葉は、 まっきーなら「会社をズル休みして」としたく なるのかもしれませんが、 これが日曜日に一人で・・・となると、 一見ズル休みよりも軽そうに見えて、 ズル休みしている後ろめた...

『小学3年生』/KAN

15th Album『カンチガイもハナハダしい私の人生』の2曲目に収録。 ファーストインプレッション 人生まだ1ケタの男子が、でっかい夢を語りまくる、 大胆不敵な小学3年生の日常のある一幕。 KANさんがアメリカ的に「夢は叶うのさ!」と 両手を広げて歌うには、 ちょっとニュアンスが違う、と考えていたところ、 「俺は小学3年生」という歌詞が舞い降りる。 そうだ、 小学3年生にでっかい夢を語らせてしまえば、 何の違和感もなく、大らかに歌うことができる。 そう気づいて設定と曲タイトルが「小学3年生」に。 実はアルバムのタイトルも「小学3年生」に なるかもしれなかったそうです。 とにかく歌詞の構成がおもしろくてですね。 ・小学3年生の自分&かわいい同級生のことを2ブ...

『REGIKOSTAR 〜レジ子スターの刺激〜』/KAN

15th Album『カンチガイもハナハダしい私の人生』の1曲目に収録。 ファーストインプレッション KANさん曰く、単なる企画モノと思われると 不本意なので、敢えて1曲目に持ってきた という超話題作。 もちろん、これは1979年のザ・バグルス 「Radio Star(ラジオスターの悲劇)」から タイトルを文字っていることは明らかですが、 決して曲はそのタイトルとは関係なく。 ここ2年くらい、ずっと 「Perfumeの音楽的な大ファン」 と宣言しているKANさん。 昨年のライブツアー「じゃぁ、スイスの首都は?」では オープニングでボコーダー(ボイス・エンコーダー)を 使ってポリリズムをインクルードしたくらいの 熱の入れよう。 「中田ヤスタカさんすごいです」と...

15th Album『カンチガイもハナハダしい私の人生』/KAN

【【CD】】10/03/10
15th Album
『カンチガイもハナハダしい私の人生』

2009年12月 2日

32nd Single『よければ一緒に』/KAN

2010年2月10日発売、KANの32枚目のシングル 「よければ一緒に」 についてのまとめエントリです。 KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com【e】http://www.kimurakan.com/index.php (ここから引用) ニューシングル『よければ一緒に』が2010年2月10日(水)に発売されます。 KAN作品ではこれまでにあまりなかった参加型の8ビートポップ。 シンプルだからこそゆっくり奥に響く秀作です。御期待ください。 収録曲: 01.よければ一緒に 作詞作曲編曲:KAN Drums:島村英二 Bass:富倉安生 Acoustic Guitar:土方隆行 Piano:小林信吾 Hammond Organ:伊...

2008年10月 4日

1st Live Album『LIVE 弾き語りばったり#7 〜ウルトラタブン〜 全会場から全曲収録』

KAN史上初となるライブアルバムです。 KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com【e】http://www.kimurakan.com/ (ここから引用) 初のライブアルバム『LIVE 弾き語りばったり #7 〜ウルトラタブン〜全会場から全曲収録』が2008年11月19日発売されます。 2008年6〜7月に行われたライヴツアー【弾き語りばったり#7 〜ウルトラタブン〜】全国13都市・17公演をすべて録音。全会場から1曲ずつを厳選し、演奏全曲を収録した完全無添加無修正盤です。 これまで限定盤のみにしか収録されていなかった「何の変哲もないLove Song」の他、Billy Joel、Mr.Childrenのカヴァーを含む全15...

2007年10月20日

『IDEA』/KAN

3rd Best Album『IDEAS 〜the very best of KAN〜』/KANの1曲目に収録。 関連エントリ ▼『IDEA』頭からまった→頭スッキリした(07/11/30) ▼『IDEA』ファーストインプレッション(07/11/05) ▼『IDEA』段階的試聴・第5段階(07/11/04) ▼『IDEA』段階的試聴・第4段階(07/11/01) ▼『IDEA』段階的試聴・第2&第3段階(07/10/30) ▼『IDEA』段階的試聴・第1段階(07/10/26) ▼ロックボンソワで『IDEA』初オンエア(07/10/21) ▼新曲『IDEA』段階的試聴スケジュール発表(07/10/20) ...

2007年10月 5日

3rd Best Album『IDEAS 〜the very best of KAN〜』/KAN

KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com【e】 『IDEAS 〜the very best of KAN〜』が2007年11月28日、アップフロントワークス・zetimaレーベルより発売されます。『FIRST DECADE』以来10年ぶり3枚目のベスト盤は、これまでになくKAN本人の意思を中心に選曲され、新曲『IDEA』、新録『プロポーズ』『50年後も』を含む全17曲が収録されます。 初回盤はセルフライナーノーツブックレット(20P)付きの三方背ケース仕様です。 発売日/2007年11月28日(水) 初回盤/商品番号:EPCE-5521/価格:3,150円(税込) 通常盤/商品番号:EPCE-5522/価格:3,000円(...

2006年10月 5日

31st Single『世界でいちばん好きな人』/KAN

14th Album『遥かなるまわり道の向こうで』からのシングルカット。カップリングにはスピッツの名曲『チェリー』のカバー、バンドツアー『Rock on the Chair 座ってポン!』で演奏されたライブ音源『東京熱帯SQUEEZE』を収録。 基本情報 世界でいちばん好きな人アーチスト: KAN発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)価格: ¥ 1,050発売日: 2006/11/29 製品番号/EPCE-5438 収録曲目 01.世界でいちばん好きな人  作詞・作曲:KAN 編曲:KAN/小林信吾 02.チェリー  作詞・作曲:草野正宗 編曲:KAN/小林信吾 03.東京熱帯SQUEEZE (Live / Unpluged)  作詞・作曲:KA...

2006年7月 9日

『世界でいちばん好きな人』/KAN

14thアルバム『遥かなるまわり道の向こうで』の1曲目に収録。 31thシングル『世界でいちばん好きな人』の1曲目に収録。 3rdベストアルバム『IDEAS 〜the very best of KAN〜』の13曲目に収録。 遥かなるまわり道の向こうでアーチスト: KAN発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)発売日: 2006/08/30posted with Socialtunes at 2006/08/01 EPCE-5422 税込:3150円 関連エントリ ▼「世界でいちばん好きな人」コード譜(09/02/10) >掲示板で依頼を受け、コード譜を掲載したのでブログ側にも掲載 ▼世界でいちばんすっきりした人(08/12/12) >たくさんカタチを変え...

2006年7月 1日

14th Album『遥かなるまわり道の向こうで』/KAN

遥かなるまわり道の向こうでアーチスト: KAN発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)発売日: 2006/08/30EPCE-5422税込:3150円 posted with Socialtunes at 2006/08/01 収録曲目(リンク付の楽曲は専用エントリあり) 01.世界でいちばん好きな人 02.キリギリス 03.彼女はきっとまた 04.小さき花のテレジア 05.エンドレス 06.おしえておくれ 07.遥かなるまわり道の向こうで 08.カレーライス 09.RED FLAG (一般道路速度超過) 10.アイ・ラブ・ユー (version:CJP) www.kimuraKAN.comhttp://www.kimurakan.com トップ>金曜...

2006年2月22日

『カレーライス』/KAN

【収録情報】 30thシングル『カレーライス』・1曲目 14thアルバム『遥かなるまわり道の向こうで』・8曲目 3rdベストアルバム『IDEAS 〜the very best of KAN〜』の15曲目に収録。 カレーライスアーチスト: KAN発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)発売日: 2006/02/22EPCE-5386税込: 1,050円 posted with Socialtunes at 2006/09/08 遥かなるまわり道の向こうでアーチスト: KAN発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)発売日: 2006/08/30EPCE-5422税込: 3,150円 posted with Socialtunes at 2006/08/0...

2005年12月12日

30th Single『カレーライス』/KAN

30th Single『カレーライス』/KAN カレーライスアーチスト: KAN発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)発売日: 2006/02/22EPCE-5386税込: 1,050円 posted with Socialtunes at 2006/09/08 収録曲目(リンク付の楽曲は専用エントリあり) 01.カレーライス 02.アイ・ラブ・ユー 03.カレーライス(歌ぬき) KANさんのニューシングルのタイトルは「カレーライス」が正解でした。皆さんの予想はどうだったでしょうか?インデアンカレーフリークの僕はタイトルだけでお腹いっぱい大満足です(爆) あとは、この曲(まだ弾き語りか否かもわかっていませんが)の弾き語りバージョンが「弾き語りばったり...

2005年6月23日

限定Album『何の変哲もないLove Songs』/木村和

▼www.kimuraKAN.com ・トップページ>何の変哲もないLove Songs ▼収録曲 1.何の変哲もない Love Song 2.東京ライフ 3.君が好き胸が痛い 4.牛乳のんでギュー 5.君を待つ 6.月海 7.50年後も 8.雪風 2005年06月23日   今回は「木村和」名義 公式サイトによりますと、なんと今回は「KAN」名義ではなく、「木村和」名義での発表なのだそうです。 ありのままの姿で勝負したい!という気持ちの表れなのか、ピアノ弾きとしての初心に戻るための儀式なのか、そのあたりのことは今後「和さん」ご自身が明らかにするかうまく濁すか(笑)してくれることでしょう(^^) ▼以下引用 帰国後作曲された新曲2曲を含む全8曲は、2005...

   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.