« 初ベーグル作り | メイン | 君のために僕が盾になろう »

2006年08月30日

遥かなるまわり道の向こうで

弾き語りオンリーの限定版はありましたが、KANさんの本当に本当に久しぶりのアルバム。
まぁ待つことにはすっかり慣れっこなのですが、今回は本当に長かった(^^;;
んでも、待った甲斐のある、本当に素晴らしいアルバムです。

遥かなるまわり道の向こうで
アーチスト: KAN
発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)
価格: ¥ 3,150
発売日: 2006/08/30

今回のアルバム、どれも素敵な曲ばかりなのですが、私のいちばんのお気に入りは「キリギリス」です。
普段は、いちばん!を決めるのに結構悩むのですが、今回はダントツのいちばん!決定です。
もちろん、ほかの曲もみんな大好きなのですが、この曲がスバ抜けてインパクトです。私の中では。

まさに今現在のKANちゃん自身をうたったような歌詞も好きですが、なにより曲がめちゃくちゃ好き。
ポップスとクラッシックの融合とも言うべき楽曲です。
この曲の中では、オーボエ・ダモーレという、めちゃくちゃ珍しい楽器が生演奏で入っているのですが、これがもう、オーボエ吹きとしては、たまらなく魅力的♪
この楽器、私は写真でしか見たことはないのですが、あ〜、こんな音が出るのね〜、と、うっとりしております。

ダモーレを買う・・・ってのは、あまりにも非現実的ですが、これ聴いてたら、イングリッシュホルンが欲しい熱がさらに・・・(笑)
まぁ、それも充分非現実的ではあるんですけどね〜。

・・・宝くじでも当たらないかな?(^^;;

投稿者 saori : 2006年08月30日 23:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sei.lovely.to/mt-tb.cgi/2645

コメント

コメントしてください




保存しますか?