« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月01日

『Rock on the Chair 座ってポン!』ZEPP TOKYO 2Days(ネタばれあり)

行ってきました。ZEPP TOKYO。
久しぶりのKANさんのバンドでのライブ。
相変わらずで楽しかったです、嬉しかったです。ありがとう。
もうね、嘘みたいに笑ったり、嘘みたいにじーんときたり。
いつものことですが、忙しいライブです(笑)
ネタばれ的なお話は追記部分に書きますので、ご注意下さい。

そしてそして。
ライブ会場その他いろいろなところでお会いした皆さま、ありがとうございました。
普段のテンション+35%(イメージ)だったもので、ご迷惑もおかけしたかもしれませんが、懲りずに今後ともよろしくお願いします。

とういわけで、追記です。
以下はライブの内容に触れる文章を含みます。
以下の文章を読んだことによる、いかなる損害も、私の方では責任を持ちません。
あらかじめご了承下さい。

まず、会場に入ると、すでに何かあるぞ〜的な予感をさせる白い幕に覆われたステージ。
予想通り、オープニングからやってくれました(笑)
ギターを持った長髪の誰かのシルエットが映っているのですが・・・どうみても頭の上に何かワイヤーが見えます(笑)
で。しばらくすると、本物のギターソロを弾くセンパイのシルエットも映し出され、「○」と「×」が浮かびあがり、長髪のズラはワイヤーによって吊り上げられてました。
この時点でもうやられちゃってますよ、私。
オープニングは「WHITE LINE」 。
最初っから飛ばしてるな〜って感じで。いろんな意味で(笑)
今回のライブでいちばん聴いてみたかった曲といっても過言でもない「キリギリス」では、演奏前にオーボエ・ダモーレの説明をいろいろとお話してくれました。
私の知らなかったこともあって、真面目にお勉強になりましたm(__)m。
しっかし・・・そうか、音域の都合であの楽器になったのか(^^;;
演奏そのものは、この編成でここまでやるのはすごい!と思いましたが、やはりこの曲は生演奏でやるには、いろいろな楽器が複雑にからみすぎてるのかな〜とも思いました。
ステージの前のほうへ出てきての演奏で「東京熱帯SQUEEZE」のとき、矢代さんの演奏した「ベルハーモニー」にビックリ。
そんな楽器があったとは・・・知らなかった〜。
これ、欲しいぞ(笑)(んでも、何に使うの?<ぢぶん)
普通に考えたら、グロッケンで十分な気もするんだけど、そこをあえてこういう楽器を使うこだわりが、とっても好きです。
後半は、とっても盛り上がるタイプの曲が並びます。
そんな中でも、やはりいちばんインパクトあったのは「RED FLAG」ですね〜。
ステージ後ろのバーが降りたから、何かあるな〜とは思ってたんだけど・・・想像以上のものが出てきた(笑)
そうくるか、KANさんっ!みたいな(笑)
笑いました。笑いすぎました。
曲が終わってもしばらく笑いました(^^;;
そんなテンションでも、ラスト(一度目の(笑))は「世界でいちばん好きな人」でしっとりと。
この曲、近々シングルカットされるそうです。C/Wがなんと「チェリー」ということで、こちらもとっても楽しみです。
で、アンコール。
妙に登場までの間隔が長いので、何かあるな〜(何度目の予感だろう?(笑))とは思いましたが・・・KANさん「浜省」になって出てきました(笑)
曲はもちろん「エンドレス」。
そしてそして・・・久しぶりの「適齢期LOVE STORY」です。
久しぶりで、ちょっとノリ方を忘れてました(^^;;
今回のダイジェストは、セットリスト通りの順番でメドレーになってて、嬉しかった〜。
個人的には「星空が〜」付近のつなぎがインパクト大でした。
「適齢期LOVE STORY」で盛り上がったあとは、「50年後も」。
楽しそうに歌い踊るKANさんも、しっとりと歌い上げるKANさんも、どっちも素敵です。
弾き語りばったりも良いけど、やっぱりバンド形式は楽しい〜♪
スタッフさんの出番があんなにたくさんあるライブってのも素敵(笑)
素敵な時間をありがとうございました♪

投稿者 saori : 23:00 | コメント (1) | トラックバック