> LONG SONGS > 避暑地

避暑地

「水槽」を創ってる最中にこんな曲創りたいなあという構想があって、すぐさま取りかかりました。歌詞も自分で書きました。歌詞に関しては全くの初心者なので、アドバイスも欲しいです。切なくひとりになってしまった男の心の整理です。

DATA

WORDS:SEI
MUSIC:SEI
ARRANGE:SEI
MIDI(57.6KB)

WORDS

スーツケースに今も暗がっている
君にもらったあの夏の写真
深く息を吸いこめば なつかしく瞼の奥にまだ残っている

スープの香りと目覚まし時計が
僕の朝の合図になっていたよ
試すように微笑んだ君の頬にいつものように
小さくおはようのkissをする

ふざけあった週末の二人の長電話
今年もここにいるはずだったのに

とても冷たい風が肩を切って走る
流れるように光が揺れている
ひとりぼっち
全然大丈夫だと思っていたけど
すこし胸がいたいんだ
君のいない真夏の避暑地


やわらかい日差しに誤魔化されて
君の本当の気持ち見失なって
壊れるように消えてゆくひとかけらの涙でさえ
今はもう乾いた溜息

久しぶりに歩く深緑の並木道
二人よりも少しだけ足早に
つつみこんで僕の時間をうめつくすのさ
それだけできっと強くなれるんだ

とても冷たい風が肩を切って走る
あの写真はここに置いてゆくよ
ひとりぼっち
全然大丈夫だと思って帰る
すこし胸がらくになる
君のいない真夏の避暑地

みなさまのご感想/コメント(最新20件/全1件中)

Name:
Comment:
1 - SEI@管理人さんのコメント - 2004/12/20(Mon)02:13:51
「kawamuさん、ありがとうございます。何年前のお話かは存知あげなくて申し訳ないです^^。長く聞いていただけることは、生んだ者にとってとてもうれしいことです。今後ともよろしくおねがいしますm(__)m」
from flh1abg004.stm.mesh.ad.jp

1 - kawamuさんのコメント - 2004/12/19(Sun)04:08:24
「僕の中ではこの曲は大学時代にHPに使わせて頂いていたので忘れる事のできない思い出の大事な1曲です。これからもずっと大事に聴いていきます。」
from pl058.nas911.kyoto.nttpc.ne.jp



















Script by CGIROOM 実行時間:0.01
Pass:
Comment:
> LONG SONGS > 避暑地